F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:アゼルバイジャンGPから車検方法が変更に。フレキシブルリヤウイング問題に決着か

2021年6月25日

 メルセデスが抗議も辞さないという構えを見せていた、レッドブル・ホンダの使用が噂されたフレキシブルリヤウイング問題。しかし、メルセデスはアゼルバイジャンGPでも、前戦フランスGPでも抗議をしなかった。


 その理由は、レッドブル・ホンダのリヤウイングはアゼルバイジャンGPとフランスGPで正式に国際自動車連盟(FIA)の車検に合格していたからだった。


 FIAはメルセデスからの指摘を受けて、リヤウイングの車検方法を見直すと発表。その方法とは、水平方向(前方から後方へ)の荷重テストの負荷が750N(ニュートン)から1500Nに引き上げられ、垂直方向(ウイングの両脇部分に上から下へ)の荷重テストの負荷は1000Nから2000Nに引き上げられるというものだった。いずれのテストも荷重をかけた状態で1度以内に収まっていなければならないと規定は同様だ。


 当初、車検方法はフランスGPから変更されると言われていた。しかし、実施するタイミングが遅いとメルセデスやマクラーレンが不満の声をあげていた。


 ところが、アゼルバイジャンGPでも、フランスGPでも彼らは抗議もしなければ、不満の声もあげなかった。その理由は、リヤウイングの車検方法が、じつはアゼルバイジャンGPから変更されていたからだった。


 フランスGPで筆者がFIAに直接確認したところ「新しい車検方法は、6月1日から施行されている。したがって、ステッカーシステムと同様、アゼルバイジャンGPからすでにリヤウイングの新しい車検をスタートしている」ことを明らかにした。


 しかし、この通達はFIAとチーム関係者だけの極秘情報なので、多くのメディアが「フランスGPから変更する」と誤解してしまった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 またフランスGPでは、アゼルバイジャンGPでのタイヤトラブルを受けて、最低内圧を含めたタイヤの管理が見直されたが、それでもレッドブル・ホンダは失速することなく、アゼルバイジャンGP同様、ライバル勢を圧倒した。


 フランスGPのレース終了後の車検にも合格したレッドブル・ホンダのクリスチャン・ホーナー代表は、次のように喜びを爆発させた。


「ここ数週間、我々は多くの批判を浴びたが、それらが正しくないことが証明された。我々は100%ルールを遵守している。RB16Bが完全に合法であることを証明したという点でも、フランスGPは完全なる我々の勝利だった」

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第7戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号