F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説アゼルバイジャンGP(1)ハミルトンが誤操作した“ブレーキマジックボタン”

2021年6月16日

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。第1回では、ルイス・ハミルトンが誤って触った“ブレーキマジックボタン”を取り上げる。


────────────────────────────────


 大波乱の展開だったアゼルバイジャンGP。首位を快走していたマックス・フェルスタッペンがタイヤバーストで戦線離脱し、苦戦を強いられていたルイス・ハミルトンにも勝機が巡ってきた。しかし終盤のリスタートの際、ハミルトンはステアリングのボタン操作を誤り、ブレーキロックさせてターン1を直進していった。一体何が起きていたのか。


 メルセデスのステアリングは、前後のブレーキバランス変更のために、いくつかのボタンとダイヤルを備えている。ステアリングの写真右側、黄色矢印で示したダイヤルと、ステアリング下方の左右のボタンで、前後のブレーキバランスを調節する。


 赤矢印の『BMIG』と表示されたダイヤルは『Brake Migration』を意味し、リヤのエンジンブレーキの効き具合を調節する。

メルセデスF1 W12のステアリング
メルセデスF1 W12のステアリング

 今回話題となったマジックボタンは、ショートカット機能を持たせたボタンだ。このボタンを押すだけで、プリセッティングされた複数のパラメーターに従って、ブレーキバランスが一瞬でフロント寄りになる。スタート前のフォーメイションラップや、セーフティカー先導で周回を重ねているときに使用される。フロントタイヤとブレーキディスクの温度を、適正ウインドウ内に留めるのが目的だ。


 通常、ブレーキバランスは、フロント51%付近に設定されている。それがブレーキボタンを押せば、一気に86.5%まで前寄りになる。


 ハミルトンのマジックボタンは、ステアリング裏側の上方に付いている(2枚目写真青矢印参照)。一方ボッタスのそれは、ステアリングの表側、『BW』(Brake Warming)と表示されたボタンだ(1枚目写真緑矢印)。

メルセデスF1のステアリング
メルセデスF1のステアリング

 他チームのマシンにも、もちろんマジックボタンに類似したものはある。たとえばレッドブルは、DRSパドルにその機能を持たせている。フォーメイションラップやセーフティカー先導中、DRSは使用できないため、誤用の恐れがないからだ。


 ドライバーは通常フォーメイションラップの最後、あるいはセーフティカーがピットに戻る周回に、マジックボタンをオフにする。ハミルトンも再スタート直前に、確かにオフにした。しかし、セルジオ・ペレスとの1コーナーまでの攻防中に、誤って再び押してしまったのだった。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP リスタートでルイス・ハミルトン(メルセデス)がオーバーラン
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP リスタートでルイス・ハミルトン(メルセデス)がオーバーラン



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号