F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:隙を作り出し、メルセデスの牙城を崩したレッドブル・ホンダ

2021年5月31日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。今回は2021年第5戦モナコGPを振り返ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 メルセデスが珍しく苦戦しましたね。特にハミルトン。クルマが曲がっていなくて、予選アタック中にもアンダー出してぶつかりそうになっていました。

 それに対して調子が良かったのがフェラーリとマクラーレンです。フェラーリのふたりの速さも拮抗していました。ロガーを見ると、最終コーナー手前まではサインツの方が速いのですが、最後にルクレールが逆転していました。

 マクラーレンも良かったですが、ノリスとリカルドの差がちょっと大きすぎますね。リカルドはハンドルの修正が多く、対してノリスは全体的に舵角が少なく、かつコーナーのエイペックスのスピードが高い。リカルドは普通に速いドライバーだと思いますから、今のクルマは相当合わないのでしょうね。

 角田君は、クラッシュしてはいけないことを自分で言いつつ、チームにも言われていたのにやってしまったところが残念でした。

 市街地コースは、いきなりタイムを出すのではなく、タイヤのピークが上がると同時に、ドライバーの順応やアジャストの上がり幅でタイムアップしていく部分が大きいです。だから絶対にガードレールにヒットしてはならず、距離を稼いでタイムを上げていくことが大事なんですよね。ガスリーとの差を感じたあせりもあったかもしれません。

 これはポールポジションを獲ったルクレールにも言えて、リタイアの直接の原因ではないという話ですが、クラッシュが間接的にドライブシャフトの破損につながった可能性はありますから。

 決勝では、なぜメルセデスは、アンダーカット狙いで最初に入ったのかが気になりました。ハードは温まりが悪く、オーバーカットで逆に前に行かれてしまった。ペレスがこれで前に出ることに成功しました。

 これはまさにメルセデスの牙城を崩すお手本のようなパターンです。メルセデスにプレッシャーを与えることで、隙を作り出し、そこを突くわけですね。それをやるためには、フェルスタッペンは常にトップにいることが絶対条件です。

 ただこの影には、フリー走行の時間が短縮になって、ロングランが見られなくなったことが影響しているかもしれません。アンダーカットできるだろうというメルセデスの見込みを、甘くさせたのですから。

 それにしても今回はフェラーリがここまで速くなるとは思いませんでしたね。ルクレールとサインツは、速さは互角だったのですが、ルクレールはオーバーラップをハミルトン並みにしていて、サインツはまったくしていないところが興味深かった。

 ルクレールとハミルトンは予選だけオーバーラップしている可能性が高く、決勝と使い分けているようです。僕はぎりぎりオーバーラップさせないスタイルなんですけど、今度テストでやってみようかなと思っています。

(Tsugio Matsuda)

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号