F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ボス、新レギュレーション導入の2022年にはチーム格差は拡大と予想

2021年5月20日

 F1は2022年にレギュレーションを刷新するが、最初の年には全体のパフォーマンス差が拡大する可能性があると、F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは考えている。しかし、最終的には新規則の狙いどおりに、よりエキサイティングなレースが見られるようになると、彼は確信している。


 F1、FIAおよび各チームは、今よりも前のマシンに近づきやすいマシンを作ることでオーバーテイクのチャンスを増やし、接戦を生み出し、コース上でのショー的要素を改善することを目的に、新たな技術規則を考案した。


 2021年には全体的なギャップが縮まる傾向にあるが、2022年には規則が大きく変更されることにより再びチーム間のパフォーマンス差が広がるのではないかという見方がなされている。ブラウンは『The Muscle Help Foundation』が主宰するポッドキャスト『In Conversation with』のなかで、そういった質問をされた際に、「そう、そうしたことがまさに起こり得ると思う」と答えた。


「我々は今、実り多き年を過ごしている。しかし相変わらずマシンは、他のマシンの後ろにぴったりついていくことが非常に難しい」


「(新規則最初の年には)全体的な拮抗という面では一歩後退する可能性がある。だがその後の数年では、素晴らしいレースを目にすることができると思う」

2022年に導入される予定のF1マシンのイメージ
2022年に導入される予定のF1マシンのイメージ

 2021年にはパンデミックの影響で2020年のシャシーの大部分を使用することが決まり、そのためにプレシーズンテストは3日間に縮小された。ブラウンは、2022年にはテスト日数を増やす予定であると明かした。


「2022年にはより長いプレシーズンテストを行うことになるだろう。マシンが新しくなるため、チームに理解と習熟の期間を与えなければならないからだ」


「プレシーズンテストは少なくとも2回実施することになると見込んでいる。移籍したドライバーは今年よりも慣れる時間を与えられることになるし、チームにとってはマシンを理解するための時間が増えることになる」

ランド・ノリス&ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第1戦バーレーンGP ランド・ノリス&ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号