F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「マイケル、青旗だ」メルセデスF1代表の珍しい訴え。FIAとチームの無線公開は新たな取り組み

2021年5月11日

 FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、第4戦スペインGPの決勝レース中に、メルセデスのチーム代表であるトト・ウォルフがニキータ・マゼピン(ハース)に関してレースコントロールに不満を訴えたことについて、ウォルフのレース中の介入は“非常に珍しいこと”だったと述べている。


 ハースのルーキーであるマゼピンは、今シーズンのすべてのレースウィークで少なくともひとりはドライバー仲間を怒らせている。マゼピンはフリー走行やレースにおいて、しばしば他のマシンの進路に入り込んでいるのだ。


 スペインGPの決勝では、首位のルイス・ハミルトン(メルセデス)はハースの後ろを走行し、マゼピンを抜こうとしていた。そのときウォルフは無線でレースコントロールにいるマシに、マゼピンに青旗を出すように要請したのだ。


「マイケル、青旗だ」とウォルフは言った。「マイケル、彼は我々の順位を下げてしまう」

ニキータ・マゼピン(ハース)
2021年F1第4戦スペインGP ニキータ・マゼピン(ハース)


 レース後、マシはウォルフの介入について、彼が進行中にレースコントロールを呼び出したことは珍しいケースだと語った。


「公平に言うと、レースコントロールの無線でトトが連絡してくるのは非常に珍しいことだ」とマシは語った。


 レースコントロールへのチームからのメッセージが過去に放送されたことはなかったが、FIAと協業するF1は、週末のバルセロナで新たな放送内容を展開した。その点でウォルフのメッセージは新境地を切り開いたことになる。


「昨年のF1コミッションの話し合いでまとめられたF1と協業するFIAの新たな取り組みのひとつに、放送の一環としてFIAとチームの間のやり取りを聞かせることがある。それは我々がいつも行っていることの一部だ」とマシは説明した。


「F1グループは彼らの放送を通じて舞台裏でトライアルを行ってきた。すべてのチームは報告を受けており、この週末に初めて放送が行われたのだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号