F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「僕もマシンも限界だったが、これが最大限の結果。戦略にも満足」:ウイリアムズ F1第4戦決勝

2021年5月11日

 2021年F1第4戦スペインGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは14位、ニコラス・ラティフィは16位でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=14位

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第4戦スペインGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 今日の自分たちの仕事ぶりに満足しなければならない。レース中のマシンの感触は良くて、本当に自信が持てた。でもそれが結果には反映されず、15番手からスタートして14位でフィニッシュした。


 僕たちは1ストップだったが、周りは2ストップを行っていた。僕はフェルナンド(・アロンソ/アルピーヌ)を抜こうとバトルをしていたが、僕の後ろのドライバーたちは新品のソフトタイヤを履いていてはるかに速かったんだ。1台に抜かれたと思ったら、彼ら全員に抜かれてしまった。タイヤは限界に達していて、僕も限界、マシンも限界だった。これが最大限の結果だ。


 僕はあの戦略を選んだことに満足しているよ。チャンスを半分与えてくれたからね。こうしたレースウイークがもっと多くなることを期待している。実力でバトルをするのは素晴らしい仕事だったよ。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第4戦スペインGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 予想していたとおり、難しいレースになった。僕たちが望むペースではなかったものの、週末で最も重要なセッションに満足している。マシンの感触が最高だったからね。強力な戦略があったし、コースで素晴らしいオーバーテイクができた。


 それにハースの2台の前に出ることができた。高い士気を持って週末を終えることができたと思う。でもモナコまでにかなりの量の宿題があることも確かだ。



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号