F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

小林可夢偉が後輩の角田裕毅にアドバイス「マシンに適応し、優秀なマネージャーの支えを得られれば、必ずF1で成功する」

2021年4月5日

 小林可夢偉がF1のポッドキャスト『Beyond The Grid』に登場、F1時代を含む自身のレースキャリアについて語るとともに、2021年にF1ドライバーとなった後輩、角田裕毅についても触れ、いくつかのアドバイスをした。


 小林は2009年ブラジルGPでトヨタからF1デビューした後、ザウバーで2010年から2012年まで参戦、2014年にはケータハムで走った。2012年日本GPでは3位表彰台を獲得している。その後、スーパーフォーミュラ、スーパーGT、WEC世界耐久選手権などに参戦、WECでは2019-20年シーズンのタイトルを獲得した。

2012年F1日本GP 3位表彰台の小林可夢偉(ザウバー)と2位のフェリペ・マッサ(フェラーリ)
2012年F1日本GP 3位表彰台の小林可夢偉(ザウバー)と2位のフェリペ・マッサ(フェラーリ)


優勝を飾って世界タイトルを決めたトヨタ7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)
優勝を飾って世界タイトルを決めたトヨタ7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)

 2021年にアルファタウリ・ホンダから角田がF1デビューし、小林以来の日本人F1ドライバーが誕生した。『Beyond The Grid』のなかで、バーレーンGPでF1デビューを果たした角田について聞かれ、小林はこう答えた。


「彼はとても良かったですね。彼はホンダのスクールに入る前に、トヨタのスクールに来たんです。その時、僕が教えました。当時、14歳か15歳でした」と小林。


「彼とは何度か話したことがあって、先月も話をしました。(F1で)うまくやれるでしょうが、マシンやチームにどれだけうまく適応し、調和できるかがカギになるでしょう」


「レッドブルとチームからしっかりしたサポートを受けているようですね。でも(ピエール・)ガスリーはアルファタウリでとてもよくやっている。(角田にとっては)かなり手強いチームメイトです」


「マシンと調和することが重要です。F2ではうまくやっていましたが、F3ではそれほどではありませんでした。マシンとうまく調和すれば、うまくいくと思います」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 角田へのアドバイスはという問いに対し、小林は「心配はしていません。いい仕事をするでしょう」と答えた後に、「でも、優秀なマネージャーが必要ですね」と付け加えた。


「将来の契約のために必要です。彼はいい結果を出せるでしょうが、ミスをすることもあるでしょう。そういうときに、チームに対してうまく説明してくれる人物が必要なんです。彼を管理するフィルターの役目をしてくれる存在です」


「若くてモータースポーツでの経験があまりないときには、心と自信の量を管理することを助けてくれる存在が必要です。時間がたてばいずれ成功することは間違いありません。そのときに、チームのなかでのイメージ、F1における自分のブランドをどうやってうまく管理していくか。それが何より重要だと僕は思います」




(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 18:00〜19:00
フリー走行2回目 21:30〜22:30
4/17(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーン終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーン終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦イタリア 4/18
第3戦ポルトガル 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
第6戦アゼルバイジャン 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号