F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「2度のスタートでクルマにダメージを負い、パフォーマンスに大きく影響」:アルファロメオ F1第15戦決勝

2020年12月1日

 2020年F1第15戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのキミ・ライコネンは15位、アントニオ・ジョビナッツィは16位に終わった。


■アルファロメオ・レーシングORLEN
キミ・ライコネン 決勝=15位
 みんなも言っているように、ロマン(・グロージャン)が無事で良かった。最近では、誰も見たことのないようなクラッシュで、彼が自力で脱出できたのは不幸中の幸いだった。


 それでもレースが再開されれば、クルマに乗っている者たちは、またレースに集中するしかない。残念なことに、僕のレースは早い段階で損なわれた。2度のスタートで、2回ともクルマにダメージを負ったからだ。最初のスタートではフロアを打ち、さらにフロントウイングを壊され、2回目のスタートでは右側のフロアを傷めて、パフォーマンスに大きな影響があった。


 ピットストップ直後の数周は速いのに、ダメージのおかげですぐにペースが落ちてしまったんだ。グリッドに向かう時のクルマのフィーリングは良かった。だが、そのポテンシャルを発揮できずに終わって残念だ。


アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=16位

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2020年F1第15戦バーレーンGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 あれほどの大クラッシュにもかかわらず、ロマン(・グロージャン)が無事に脱出した映像を見て、本当にホッとしたよ。彼が自力でクルマから降りる姿を見られたのが、今日一番の良いことだった。彼のケガがひどいものではなく、またすぐに戻ってきてくれることを願っている。


 レースに関しては、素晴らしいスタートを切って、赤旗が提示されるまでに大きくポジションを稼いでいた。ただ、その時点では11番手だったのに、リスタートで14番手に落ちてしまった。2回目のローンチは、あまり良くなくてね。


 その後はリズムをつかんで落ち着き、ペースも悪くなかった。だが、決勝でのタイヤチョイスが、期待したほどには功を奏さなかったようだ。ハードタイヤでステイアウトすることを選び、最後のセーフティカーが出た時にようやくピットに入ったんだけど、結果的にはその戦略は機能しなかった。来週のレースに気持ちを切り替えて、今度はうまく行くことを願うよ。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号