F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「アルボンのクラッシュは非常に残念」と代表。モノコックとエンジンは無事か:レッドブル・ホンダ【F1第15戦金曜】

2020年11月28日

 2020年F1バーレーンGPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=7番手/2=10番手だった。


 アルボンはFP1では34周を走り1分30秒302で7番手。FP2ではセッション中盤に最終コーナーでコースオフした後、体勢を崩してアウト側のウォールにヒットした。これによりセッションは赤旗中断となったが、幸いアルボンにけがはなかった。マシンは大きなダメージを負い、アルボンは17周で走行を切り上げることになり、自己ベストタイムはミディアムタイヤでの1分30秒014だった。


 このアクシデントについてチーム代表クリスチャン・ホーナーは「残念だ。だが、ありがたいことにアレックスは無事だった。それが一番大事なことだ」とformula1.comに対してコメントしている。


「外側には大きなダメージがあるが、モノコックとエンジンは問題なさそうだ。ギヤボックスはレース用ではなかった。とはいえ、チームメンバーたちは今夜忙しくなるだろう」


「(このクラッシュで失う費用を聞かれ)金銭に換算するのは難しいが、多額の費用はかかる。マシンがバリアに突っ込み、四隅のうち三隅が壊れ、リアウイング、フロントウイング、ノーズボックスがダメージを受けたのだ」


「彼は気持ちを切り替えなければならない。イスタンブールでも今週末(のアクシデントまで)もマシンの感触はどんどん良くなっていたし、彼のフィードバックはマックス(・フェルスタッペン)のものと常に一致していた。だからこそ、こういうアクシデントが起きてしまって非常に残念だ」

2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン フリー走行1=7番手/2=10番手
 FP1で走り始めた時点からマシンの感触はとてもよかった。FP2ではいくつかのことを試したのだが、それはあまりうまくいかなかったね。


 アクシデントについてだが、路面のグリップがなくて驚いた。悪い角度でヒットしてしまった。僕自身は元気だし、こういうことは時にはあるものだ。ただ、ガレージの皆には申し訳なく思っている。


 今年はずっとリヤタイヤで苦しんできたが、奇妙なことにここではフロントが問題になりそうだ。これについて分析して、タイヤを長く持たせる方法を探る必要がある。


 今日はプロトタイプタイヤを試した。いくつかのコンパウンドで走ったなかで、プロトタイプにはあまりグリップがなかった。このタイヤが改善されることを願いつつ、どのように進化するのかを見ていきたい。



(autosport web)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号