F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、ミディアムで2番手「テストは不調だったが最終的にいい初日に」レッドブル・ホンダ【F1第15戦】

2020年11月28日

 2020年F1バーレーンGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=6番手/2=2番手だった。


 フェルスタッペンはFP1で最終コーナーにおいてスピンを喫する場面もあり、18周を走るなかで1分30秒294で6番手。FP2では34周を走りこみ、1分29秒318で2番手だった。ルイス・ハミルトン(メルセデス)の最速タイムはソフトタイヤによるものだったが、フェルスタッペンは0.347秒差のタイムをミディアムで記録している。

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン フリー走行1=6番手/2=2番手
 FP1ではマシンでいくつかのアイテムをテストしており、予定ほど多くの周回を走らなかった。でもFP2はFP1よりいいセッションになったよ。完璧なバランスというのはあり得ないので、これから理解すべきことは山のようにあるけれど、全体的にポジティブな金曜日だった。


 メルセデスは速いがそれは驚くようなことではない。僕らはレースで自分たちのマシンから最大のパフォーマンスを引き出すことに集中していく。ここはタイヤへの負担がとても大きくなる可能性があるからね。


 今日は2回のセッションを通して2021年用タイヤを試したが、どのコンパウンドで走っていたのか分かりづらかった。グリップとバランスの面で適切な状態ではなかったんだ。ピレリはそのへんを確認してくれるだろう。それがこのテストを行う目的でもあったのだから。


(自身の公式サイトに語り)FP1ではあまり走らなかった。マシンでテストしていたものがいくつかあったのだが、うまくいかなかったので、あまり走らなかったんだ。もちろん残念だよ。



(autosport web)




レース

6/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号