F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「好結果が期待できそうだったが、インターに交換したらまったく機能せず」:ウイリアムズ F1第14戦決勝

2020年11月17日

 2020年F1第14戦トルコGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは16位、ニコラス・ラティフィは接触によりマシンにダメージを追ったためリタイアに終わった。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=16位
 ピットレーンからスタートすることにした。最初からそうするつもりだったんだ。レコノサンスラップでは、ピット入口でフロントウイングを壊してしまったが、メカニックたちが見事な働きをして、クルマを直してくれた。


 レース序盤はものすごくトリッキーだったけど、気づいたら11番手を走っていて、いい結果が期待できそうだった。クルマもタイヤもいい感じだったしね。その後、タイヤのグリップが落ちてきたので、ピットに入って新しいインターミディエイトに交換したところ、これがまったく機能しなかった。到るところで滑りまくっていて、誰も限界までプッシュできていなかった。


 この週末はあまり楽しくなかった。サーキットそのものは素晴らしいのに、それを存分に味わえなかったのが残念だ。ルイスに心からおめでとうと言いたい。彼はこれからも好成績をあげ、僕たちが追うべき目標であり続けると思う。


ニコラス・ラティフィ 決勝=リタイア

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2020年F1第14戦トルコGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 ロマン・グロージャンとの接触でクルマにダメージを負い、リタイアすることにした。上位のドライバーに次々とラップされていたが、ミラーが汚れてしまって、後方はほとんど見えなかった。譲らなければならないことは分かっていても、いったい彼らがどこにいるのか、判断が難しかったんだ。


 タイヤはまったくグリップせず、熱を入れることができなかった。そして、クルマにダメージを負ったこともあり、あのまま走り続けても意味がなかった。僕にとっては、楽しいことなど何もないレースだったし、全体として早く忘れてしまいたい週末だった。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

6/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/5(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/6(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン105
2位ルイス・ハミルトン101
3位セルジオ・ペレス69
4位ランド・ノリス66
5位シャルル・ルクレール52
6位バルテリ・ボッタス47
7位カルロス・サインツJr.42
8位ピエール・ガスリー31
9位セバスチャン・ベッテル28
10位ダニエル・リカルド26

チームランキング

※アゼルバイジャンGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ174
2位メルセデス148
3位フェラーリ94
4位マクラーレン92
5位アルファタウリ・ホンダ39
6位アストンマーティン37
7位アルピーヌ25
8位アルファロメオ2
9位ハース0
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
第7戦フランスGP 6/20
第8戦シュタイアーマルクGP 6/27
第9戦オーストリアGP 7/4
第10戦イギリスGP 7/18
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第5戦 モナコGP号