F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.「突然タイヤが壊れて最終周にピットイン。本当に残念で悔しい」:マクラーレン F1第4戦決勝

2020年8月4日

 2020年F1第4戦イギリスGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、終盤にタイヤのパンクに見舞われ13位でレースを終えた。


■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=13位
 正直なところ、あまりの出来事に言葉も出ない。あの瞬間の映像がすべてを語っていると思う。それまではとても力強いレースができていただけに、あんな終わり方になって本当に悔しい。


 僕はとてもいいスタートを切り、2つほどポジションを上げていた。レース全体を通じてペースも良く、タイヤのマネージメントをしながら後続とのギャップを維持していた。本当にすべてがうまく行っていて、文句なしの4位と12ポイントを獲得できそうだった。それなのに、突然タイヤが壊れて、最終ラップにピットインしなければならなかった。僕らにはどうしようもないこととはいえ、本当に残念で悔しい。不運だったね。


 開幕からの4戦で、貴重なポイントをいくつも失ってきた。この不運の連続が、早く過ぎ去ってくれることを願っているよ。今年は例年より短い選手権シーズンだから、こうしてポイントを失うことのダメージはいつもより大きい。とにかく頑張り続けるしかないね。


 明るい面を見るとすれば、コース上でのクルマのフィーリングは良かったし、チームもピットストップでいい仕事をしてくれた。でも、それだけに彼らの悔しさも良くわかるんだ……。明日にはスイッチを切り替えて、来週のこのシルバーストンでの2戦目で、僕らのペースを最大限に生かすことに集中するつもりだ。

2020年F1第4戦イギリスGP サインツJr.の左フロントタイヤがパンク



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号