F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ペレスの戦線復帰は早くとも第6戦か。第5戦もヒュルケンベルグの出場が濃厚

2020年8月4日

 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)が新型コロナウイルス感染症の陽性と診断されたことを受けて、第4戦イギリスGPに急きょ代役出場したニコ・ヒュルケンベルグ。レースは残念ながら、ギヤボックスの問題でエンジンを始動させることができず、スターティンググリッドに着く前に終了した。しかし、ヒュルケンベルグにとってのF1は、まだ終わっていない。というのも、レーシング・ポイントは次戦70周年記念GPのドライバーをまだ発表していないからだ。


 イギリスは新型コロナウイルスの強制隔離期間が10日間に延長されており、7月30日に陽性が判明したペレスが復帰できるのは早くとも8月9日となり、8月7日から開始される第5戦70周年記念グランプリには間に合わないのだ。


 それでは、ペレスの代役となりうるドライバーはほかにいるのか。


 まず、レーシング・ポイントのオットマー・サフナウアー代表がヒュルケンベルグとともに当初、候補に挙げていたエステバン・グティエレスだ。しかしグティエレスに関しては、2020年にリザーブドライバーとしての契約を結んでいるメルセデスのトト・ウォルフ代表が、レーシングポイントからF1に出場することは不可能だと指摘している。


「エステバンが最後にF1のレースに出たのは3シーズン以上も前だから、スーパーライセンスを取得するためには300kmのテスト走行を行わなければならないが、次のレースまでにそれを実施することは不可能だ」

エステバン・グティエレス(メルセデス)
エステバン・グティエレス(メルセデス)


 メルセデスのもうひとりのリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンは、フォーミュラEにエントリーしているため今週末に行われる70周年記念グランプリに参戦することは不可能だ。


 フォーミュラEは年またぎのシーズン形態をとっており、新型コロナの影響で中断していた2019/2020シーズン(第6シーズン)が8月5日からドイツ・ベルリンのテンペルホーフで再開するとなっている。しかし、F1同様、フォーミュラEも新型コロナの影響により、国をまたいだ移動が困難なことから、テンペルホーフで8月5〜6日、8〜9日、12〜13日という合計3回のダブルヘッダーを行う予定となっている。つまり、テンペルホーフでの2戦目が完全にバッティングする。

ストフェル・バンドーン(メルセデス リザーブドライバー)
2020年F1第3戦ハンガリーGP ストフェル・バンドーン(メルセデス リザーブドライバー)


 ペレスの陽性が判明した直後、レーシングポイントはツイッターで「シートに1つ空きが出た」とツイートし、それに複数の元F1ドライバーが返信していたが、彼らもグティエレスと同様に、スーパーライセンスという点で、今週末にF1に参戦することは事実上、不可能だ。


 またフォーミュラE同様、多くの元F1ドライバーが活躍している世界耐久選手権(WEC)組のドライバーの起用も難しい。WECは8月13〜15日に行われるWECスパで約6カ月ぶりにチャンピオンシップを再開させる予定となっており、その1週間前にイギリスへ渡航して、もし感染するようなことがあれば、本業であるWECに出場できなくなる。複数のドライバーで戦うWECで欠場となれば、チームだけでなくチームメートにも迷惑をかけることなるため、1戦だけF1のレースを行うためだけに、イギリスに渡航することはしないだろう。


 そうなると、レーシングポイントに残された次戦70周年記念グランプリに、ペレスの代役として起用する選択肢は、ヒュルケンベルグしかいなくなる。


 そして、ペレスが重症化せず、10日間の強制隔離期間中に陰性となれば、第6戦スペインGPからペレスが復帰する可能性が高い。つまり、ヒュルケンベルグに残されたチャンスは、70周年記念グランプリだけとなる可能性がある。

2020年F1第3戦ハンガリーGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第3戦ハンガリーGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Masahiro Owari)




レース

7/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/17(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
7/18(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/18
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP&第9戦オーストリアGP合併号