F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、今季2回目の表彰台「運がよかっただけじゃない」フェラーリ【F1第4戦決勝】

2020年8月3日

 2020年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは3位を獲得した。今季表彰台に乗るのは第1戦オーストリアに続く2回目。


 ルクレールは4番グリッドからミディアムタイヤでスタート、セーフティカー出動時の13周目にハードタイヤに履き替えて、52周のレースを走り切った。1周目から49周目まで4番手を走っていたが、2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)がタイヤのパンクで後退したことで3位に繰り上がった。

2020年F1第4戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)が3位獲得
2020年F1第4戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)が3位獲得

■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=3位
 大変な一日だったけど、うまくいったね。この結果には大満足だ。自分たちが少しラッキーだったことは分かっている。でも時にはこういうこともあるし、チャンスが訪れた時にそれをつかめる位置にいたからこその結果なんだ。


 今週末の作業の流れには満足している。チームが誇らしい。自分のパフォーマンスもよかったと思う。タイヤマネジメントは簡単ではなかったけれど、うまくやることができた。


 ここではかなりアグレッシブなダウンフォースレベルで走ったので、ストレートでは速かったけれど、コーナーで苦しんだ。タイヤを最適な温度に持っていくのがものすごく難しかった。セーフティカー後には特に苦しんだよ。でも、タイヤを正しいウインドウに入れられた時には、多少楽に走れた。セットアップをうまく決めて、最適なマシンバランスを見つけ出すという面で、僕らはとてもいい仕事をしたと思う。とても走りやすかった。


 今日はこのパッケージから最大の力を引き出すことができた。もちろん、いつまでも4位争いなどしていたくはないが、今の段階で僕らのマシンの位置はここなんだ。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号