F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アメリカGPで予選低迷のハミルトン、マシントラブルに見舞われていたことが判明

2019年11月7日

 メルセデスF1チームは、第19戦アメリカGP予選でルイス・ハミルトンが速さを示せなかった理由を明らかにした。


 チームメイトのバルテリ・ボッタスはポールポジションを獲得したものの、ハミルトンは予選5番手に終わった。レース後、モータースポーツストラテジーディレクターのジェームズ・ボウルズは、ハミルトンのマシンのステアリングホイールに問題が発生していたと明かした。


「Q1とQ2ではバルテリとルイスは上位で互角のタイムを出していた。だがQ3になるとルイスは5番手にポジションを落とした」とボウルズは語る。


「右手の下に、エンジンブレーキングの調整を行う小さなロータリー(ダイヤル)がある。通常ではその上にカバーが取り付けられているのだが、走行中にそれが外れてしまった」


「そのラップの間、ステアリングホイールを回すたびに、エンジンブレーキングの変更がなされてしまった。そのため、ラップ終盤のパフォーマンスが低下したのだ」


「1回目のランはその問題の影響を受けた。メカニックはマシンがピットに戻ってくるとすぐに問題に気付いたが、2回目のランでは、路面がタイムが出づらいコンディションになってしまった」


 その時点ではハミルトンは問題が発生していたことに気付かず、自分自身のパフォーマンスがよくなかったのだと発言していた。


 ハミルトンは決勝で挽回し、2位を獲得、自身6度目のF1タイトルを確定させた。

2019年F1第19戦アメリカGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が6度目のタイトルを獲得
2019年F1第19戦アメリカGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が6度目のタイトルを獲得



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号