F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノーF1でサードドライバーを務めるセルゲイ・シロトキン、“必要に応じて”マクラーレンでの起用が可能に

2019年6月24日

 マクラーレンは、ルノーとの間にひとつの契約を締結した。その内容は、2019年シーズン、もしマクラーレンがどこかのレースにおいてカルロス・サインツJr.かランド・ノリスを起用できなくなった場合、ルノーのサードドライバー兼リザーブドライバーであるセルゲイ・シロトキンを起用できるというものだ。


 その一方でルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグかダニエル・リカルドに代わるドライバーが必要となった場合に、シロトキンを起用するための優先権を持つことになる。


 ルノーは、声明で以下のように述べた。


「マクラーレンとルノーは、マクラーレンが我々のサードドライバー兼リザーブドライバーのセルゲイ・シロトキンを起用できるということで、合意に達した」


「これは2019年シーズン中に、もしカルロス・サインツJr.かランド・ノリスがレースの週末を過ごすことができなくなった場合のことだ。セルゲイは我々の公式のリザーブドライバーではあるが、マクラーレンも必要に応じて彼を呼び出すことができる」


 2018年シーズンにウイリアムズからF1にデビューしたシロトキンは、獲得ポイントはわずか1ポイントと、苦しいシーズンを過ごした。最終的にシロトキンは、2019年のシートを掴むことができなかった。


 シロトキンは今年、ルノーでの役割に加えて、WEC世界耐久選手権にも参戦していた。年またぎで争われた2018/19年“スーパーシーズン”に2019年から出場し、LMP1クラスに出場するSMPレーシングの一員としてシリーズを戦った。


「マクラーレンは伝説的なチームだ。彼らと一緒に仕事をすること、その歴史に加わること、そしてチームとドライバーがどのように働いているのかのをチーム内から見ることができる機会を得られて嬉しい」とシロトキンは述べた。


「そしてSMPレーシングとルノーからのサポートにも感謝している」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号