F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1代表「シンガポールでベッテルを勝たせたことは正しい判断だった」

2019年12月29日

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、2019年のシンガポールGPでセバスチャン・ベッテルを「勝たせた」ことは、彼の自信を高めるという意味で非常に重要だったと語った。


 マリーナ・ベイで、フェラーリのシャルル・ルクレールはポールポジションからレース前半をリードしたが、後ろを走っていたベッテルにアンダーカットされて2番手に落ちた。ルクレールはこれに憤ったが、フェラーリはドライバーの入れ替えをせず、ベッテルにルクレールをリードさせたままチェッカーフラッグを受けさせた。これによりベッテルは2019年初にして唯一の勝利を飾った。


 この采配によって、ルクレールはベルギーGP、イタリアGPにつぐ3連続勝利を決めることができなかった。しかしビノットは、この勝利はチームとドライバーにいっそう重要なものをもたらしたと考えている。

2019年F1第15戦シンガポールGP 表彰台
2019年F1第15戦シンガポールGP:表彰台に上がったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「シーズン序盤に、彼(ベッテル)は大きなプレッシャーにさらされていた」とビノットは説明した。「だが彼はシーズン後半では非常にうまく対処したと思う」


「シンガポールでの勝利は彼にとって重要だった。勝利自体だけでなく、チームに対する信頼においてもだ。彼は必要に応じてチームに助けを求めることができることを知ったのだ」


「私はこれは正しいことだったと思う。正しい選択であり、彼を勝たせるのに正しいタイミングだった」


 ベッテルは第7戦カナダではトップでチェッカーフラッグを受けたものの、ハミルトンとのバトルのなかでコースオフした後に安全な形でコースに復帰しなかったとしてタイムペナルティを受け、2位に降格された。前半戦のフェラーリは、速さを発揮していたモントリオールでは勝利を失い、その他のグランプリではメルセデスを相手に苦戦していた。


 しかしサマーブレイク後にフェラーリは改善を果たし、SF90の空力面とパワーユニットが向上したことで、ベッテルとルクレールのパフォーマンスは高まった。


「シーズン開幕時から彼はマシンに不満を持っていた。明らかにブレーキングに不安定さがあった」とビノットは語った。


「(ルクレールによる)彼への挑戦は、優れたベンチマークになったと思う。あれほど速いチームメイトがいることで彼は悩まされただろう」


「だが、マシンについて全体的に自信を持てるようになってから、彼は非常に速くなったと思う。彼のレースペースはシャルルとほぼ同等だった。予選ではシャルルの方が速かったがね」


「だから私はシーズン後半に彼は良い仕事をしたと考えている。簡単ではなかったシーズン前半の後で、うまく挽回を果たした」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/16(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/17(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/18(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン25
2位マックス・フェルスタッペン18
3位バルテリ・ボッタス16
4位ランド・ノリス12
5位セルジオ・ペレス10
6位シャルル・ルクレール8
7位ダニエル・リカルド6
8位カルロス・サインツJr.4
9位角田裕毅2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位メルセデス41
2位レッドブル・ホンダ28
3位マクラーレン18
4位フェラーリ12
5位アルファタウリ・ホンダ2
6位アストンマーティン1
7位アルファロメオ0
8位アルピーヌ0
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第2戦エミリア・ロマーニャGP 4/18
第3戦ポルトガルGP 5/2
第4戦スペインGP 5/9
第5戦モナコGP 5/23
第6戦アゼルバイジャンGP 6/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年開幕直前号