F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マグヌッセン「無線にチームを批判する意図はなかった。もっと良い結果で報われるべき」ハース F1カナダGP日曜

2019年6月11日

 2019年F1第7戦カナダGPが行われ、ハースのロマン・グロージャンは14位、チームメイトのケビン・マグヌッセンは17位でレースを終えた。


■リッチ・エナジー・ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=14位

2019年F1第7戦カナダGP ロマン・グロージャン(ハース)
2019年F1第7戦カナダGP ロマン・グロージャン(ハース)

 長い午後になった。スタートから、あらゆることがうまく行かなかった。みんながリスクを顧みず、スリーワイドでターン1に飛び込んだ結果、そのトバッチリを全部僕が被ってしまったんだ。結局、僕は最後尾まで落ちて、その後は全くペースが上がらなかった。


 時々いいラップもあるんだけど、それ以外のラップはひどくドライブが難しかったりする。あらゆることを分析して、レースで速く走るにはどうしたらいいか、さらに理解を深めないといけない。


ケビン・マグヌッセン 決勝=17位
 クルマはとても出来がいいし、予選でのパフォーマンスも素晴らしい。中団グループのどのクルマとも勝負ができて、今年は何度も「ベスト・オブ・ザ・レスト」のポール(トップチーム以外での最上位)を獲ってきた。


 だから、今日のような状況になると、感情を抑えきれなくなるんだ。無線で言ったことに、チームを批判する意図はなかった。この週末、彼らは驚くべき仕事をした。僕が予選でミスをした後、彼らは今日のレースのために、新しいクルマを1台組み上げてくれた。


 レース中に機能しなかったのは、クルマではなくタイヤだ。本当にガッカリだよ。そして、チーム全体が落胆していることも、十分に承知している。彼らはもっといい成績で報われるべきなんだ。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号