F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、カナダGPにアップグレード版パワーユニットを投入へ

2018年6月6日

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、第7戦カナダGPに向けて、ワークスチームとカスタマーチーム全車のために新パワーユニットを用意していることを明らかにした。


 2018年のF1レギュレーションでは、21戦のなかで6エレメントのうちエンジン(ICE)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限されており、それを超えるとグリッド降格ペナルティを科される。


 サーキット・ジル・ビルヌーブは、パワーが重要なサーキットであり、タイミング的にもここでエンジンのアップグレードを入れることは有効と考えられ、ルノーは新パワーユニットを持ち込む予定であることをすでに明らかにしている。


「カナダで2018年シーズンは3分の1を消化することになる。ここまで6戦を戦ったが、両チャンピオンシップにおいて、我々は12カ月前よりも強力な状況だと思う」とウォルフは語った。


「しかし戦いは激しさを増してきている。レースウイークエンドを迎えるたびに、我々、フェラーリ、レッドブルが勝利を争っている。リラックスしている余裕はない」


「今週末、すべてのメルセデス搭載車を含む多くのチームが、プランに従ってシーズン2基目のパワーユニットを投入することになるだろう。マシンのパフォーマンスに関しても、できる限り早く向上させようとして努力している」


「今年は毎戦そうだが、今回も熾烈な戦いになるだろう。挑戦するのを楽しみにしている」
   
 第6戦モナコGP終了時点で、ルイス・ハミルトンはパワーユニットの6エレメントすべて1基の使用にとどめている。バルテリ・ボッタスは、エナジーストアとコントロールエレクトロニクスは2基、それ以外は1基投入している。  



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号