F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.「戦略で失敗し、悲惨なレースに」:ルノー F1モナコGP日曜

2018年5月28日

 2018年F1モナコP決勝で、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは8位、カルロス・サインツJr.は10位だった。
                


■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=8位
 いいレースができたと思う。カルロスと違う戦略で走るというプランで、それがうまくいったんだ。昨日の予選ではいい結果を出せなかったけれど、そこからうまく挽回できた。8位は今日の状況のなかで可能な最大限の結果だと思う。


 最初のスティントはすごくうまくいった。中盤でひどいグレイニングが出たために苦労したけれど、その後、タイヤが回復して、かなり速いタイムで走れるようになり、戦える状態に戻れたんだ。それもモナコだ。クレイジーな展開になることもあれば、今日みたいなこともある。僕らはチャンスを最大限に生かしきれたと思う。


カルロス・サインツJr. 決勝=10位
 僕にとっては難しいレースだった。16周目にタイヤを交換し、ウルトラソフトで60周を走らなければならなかった。グレイニングがひどくて、理想的な状況ではなかった。そのために僕にできることはあまりなかった。僕とは違う戦略で走っているマシンの方がずっと速かった。


 いろいろなことを冷静に見直して、モントリオールにはもっと強くなって戻ってきたい。


(スペインのメディアに語り)ひどいレースだった。本当に辛かった。悲惨といっていい。どんなにタイヤを労わって走っても、フロントがだめになっていった。序盤でウルトラソフトに換えたけど、それはベストの戦略ではなかった。


(タイヤ交換を終えたばかりのヒュルケンベルグにポジションを譲るよう言われたことについて)ニコを前に出すというのはひとつの出来事に過ぎない。ひどいデグラデーションに苦しんでいた時点でもう僕にはチャンスはなくなっていた。


 間違いはずっと前に起きていたのだと思う。(ウルトラソフトで長く走ることでひどいデグラデーションに苦しむと)僕は思っていたけれど、そう考えない人たちもいた。


 それでも、マクラーレンよりも多くポイントを稼ぐという目的は達成した。優先すべきはチームのためにできるだけたくさんポイントを獲得することだ。



(AUTOSPORTweb)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号