F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、最後尾から9位「もうクラッシュするわけにはいかないと思い、一切リスクを冒さなかった」:F1モナコGP日曜

2018年5月28日

 2018年F1モナコGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは9位だった。
                    
■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=9位
 今回はダメージを最小限にとどめることが重要だと分かっていた。それでもバトルができたし、最初から最後までマシンに強さがあったから、レースを楽しむことができた。


 でも心の奥底では当然がっかりしている。僕がプラクティスでミスさえしなければ、もっとずっといい結果を出せたことは分かっているからだ。でもこの状況のなかですべてのチャンスを活用したことも事実だ。楽しんで走り、他のマシンをオーバーテイクし、毎ラップ、プッシュしながら走った。モナコではめったにできないことだ。ここのレースでは皆がクルージングしているだけのことが多いから。


 マシンのハンドリングは良く、戦略も的確だったおかげで、ポイント圏内でフィニッシュすることができた。いろいろ考えると、いい仕事ができた一日だったと思う。


 キャリアのなかで学んだのは、後になってから、あれができたかも、これができたかも、などと言うのは簡単だということ。それでもいつも自分自身をしっかり見つめなければならないと思っている。今週末、僕はミスをしたが、ダニエル(・リカルド)は最高の仕事をした。優勝して、特別な瞬間を味わっている彼に、心からおめでとうと言いたい。


 今日僕は、リスクを冒したり、クラッシュすることは避けたかった。今はそういうことは絶対にできない状況だからね。何をするにも確実にマージンをとって行動した。多少リスクを冒したとしても、オーバーテイクできないことは分かっていたしね。



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号