F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「トラブルを抱えていたリカルドを、全く攻略できなかった」:F1モナコGP日曜

2018年5月28日

 2018年F1モナコGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは2位だった。
                       


■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=2位
 今日は前のマシンになんとか近づこうとして、いろいろ試みたけれど、近づいたらタイヤが傷んでしまうので難しかった。パワーがあまり必要ないコーナーでは(ダニエル・)リカルドの方が速かったので、彼はギャップを広げていき、僕は挑むことができなかった。


(トラブルを抱えていたにもかかわらず)リカルドはペースを維持して走っていた。彼が全くトラブルのない状態で走っていたら、僕らはもっともっと引き離されていただろう。残念ながら何かを試みるチャンスもあまりなかった。僕らはタイヤをうまく機能させることがなかなかできずに苦労していたんだ。


 バーチャル・セーフティカーが導入された時、マクラーレン(ストフェル・バンドーン)がピットから出てきて、間に入った。でも僕にとって最大の問題はタイヤのウォームアップにてこずったことで、それによって大量に時間をロスしてしまった。リズムを取り戻すのに1周半かかり、そのころにはもう追いつけなくなっていた。


 でもまだレースはたくさん残っている。自分たちの問題を理解して臨みたい。僕らのマシンは優れているけれど、改善できる部分はまだあるんだ。


 もちろん、(リカルドがトラブルを抱えていることは)無線で知らされていたし、それを聞いてプッシュし始めた。でも、近づこうとしたり、実際近づいたりしても、そこにとどまっていられなかった。タイヤの状態が悪くなるからだ。


(VSC明けには)何が起きていたのかさっぱり分からない。タイヤのウォームアップが全くできなかった。前のリカルドとマクラーレンは、あっという間に遠ざかって行った。僕らがなぜあれほど時間を失ったのか分からないよ。僕のVSCだけ終わるのが遅かったんじゃないかって思うぐらいだ。こういう状態でなければ、チェッカーの瞬間までリカルドにプレッシャーをかけ続けたかった。



(AUTOSPORTweb)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号