F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ甘口コラム ベルギー&イタリアGP編:パワーサーキットでもライバルと戦える性能に

2016年9月11日

 ベルギーGPとイタリアGPは、ホンダにとって今シーズンもっとも厳しい戦いが予想された2連戦だった。しかし、結果を見れば、ベルギーGPは最後尾からスタートしたフェルナンド・アロンソが7位に入賞。イタリアGPでも1回目のピットストップまで、アロンソがフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグの前となる入賞圏内を走行。最終的にポイント獲得はならなかったものの、名うてのパワーサーキットでライバル勢と堂々と渡り合った。

 その大きな原動力となったのが、夏休み明け初戦となったベルギーGPに投入された7トークンを使用してアップデートされたスペック3のエンジン(ICE)である。

 長谷川祐介総責任者は、「皆さんが期待しているほど、馬力は大きくパワーアップしていません」と謙遜するが、ジェンソン・バトンは「コンマ1〜2秒のゲインはある」と、ベルギーGPの予選後に語っている。ベルギーGPが行われたスパ-フランコルシャンは、パワーユニットのパワーエフェクトが比較的大きいサーキットで、10馬力あたり0.22秒と言われている。バトンが体感に間違いがなければ、ホンダは10馬力以上の性能向上を果たしたことになる。

 たかが10馬力と思われるかもしれないが、現在の第2グループ集団の戦いは非常に接近しており、コンマ数秒でポジョンが大きく変わるため、この数字は決して小さくない。現にベルギーGPの予選Q2で10位のバトンと11位のロマン・グロージャンとのタイム差は、0.265秒。もし、アップデートして10馬力向上していなければ、Q2で敗退していたかもしれない。逆に2015年のパワーユニットを搭載しているトロロッソは、昨年のうちにすべてのトークンを使用してしまっているため、今年トークンを使用したアップデートをレギュレーション上、行うことができずに、後半戦は厳しい戦いが続いている。





レース

7/1(金) フリー走行1回目 21:00〜22:00
フリー走行2回目 24:00〜25:00
7/2(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
7/3(日) 決勝 23:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号