F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ストロール7位「ピットスタートでもセットアップ変更をしたのは正解」決勝直前に失態もペナルティはなし/F1第19戦

2023年10月24日

 2023年F1アメリカGP決勝で、アストンマーティンのランス・ストロールは、ピットレーンからスタートし、9位でフィニッシュ、上位2台の失格により7位に繰り上がった。


 アストンマーティンがパルクフェルメ状態でマシンのセットアップを変更し、異なる仕様のパーツに交換したため、ストロールは、ピットレーンからのスタートとなった。ところがストロールは、レコノサンスラップを終えた後、ピットに戻らず、スターティンググリッドにマシンを停めてしまった。そのため、チームはストロールのマシンをピットに押し戻さなければならなかった。この件をスチュワードは調査し、「このインシデントによって起きたシナリオは理想からは程遠い」と述べた。しかし「確立されたプロセスに従っていないものの、いかなる規則違反も見られなかった」と判断し、ペナルティは科さなかった。

2023年F1第19戦アメリカGP ランス・ストロールとフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
2023年F1第19戦アメリカGP ランス・ストロールとフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)


■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム)
決勝=7位(56周/56周)
ピットレーンスタート/タイヤ:ハード→ミディアム→ミディアム


 ピットレーンからスタートして、最後尾から9位でフィニッシュしたのだから、このCOTAでの最初の2日間がタフだったこと考えれば、十分にポジティブな結果だ。このところ厳しいレースが続いていたこともあり、またポイント圏内に戻って来られてよかったよ。


 パフォーマンスを最適化するためのセットアップ変更で、正しい方向に修正できたのは確かで、今日は土曜までよりもはるかに競争力が高かった。特にミディアムコンパウンドを履いた時には、コーナーでのグリップも良くて、ターン12への進入で何度かいいオーバーテイクができた。この勢いを来週のメキシコでも維持するために、ハードワークを続けるよ。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号