F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表「マックスはプレッシャーに負けずに首位を守り切った」と賞賛。ペレスのトラブルは詳細な調査へ

2022年6月20日

 2022年F1カナダGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスはトラブルでリタイアした。


 ドライバーズ選手権ではフェルスタッペンがトップで175点、2位ペレスは129点、3位シャルル・ルクレール(フェラーリ)は126点となっている。コンストラクターズ選手権では、今回は2位のフェラーリの方が多くポイントを獲得したものの、レッドブルは76ポイント差をつけて引き続きリードしている。

2022年F1第9戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝
2022年F1第9戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー


 マックスは、特に終盤は大きなプレッシャーをかけられながらも、素晴らしい仕事をしたと思う。週末を通して、プラクティス、予選、決勝と、すべてのセッションで、見事なパフォーマンスを見せた。


 今日のフェラーリは非常に速かった。マックスはカルロス(・サインツ)をDRSゾーン圏外に置くことができず、カルロスがすぐ後ろに迫った。フェラーリが何度でもチャレンジしてくるなかで、マックスは集中をしっかり維持し、最高のパフォーマンスを見せてくれた。


 チェコにとっては悔しい週末になった。我々は、彼のマシンにギヤボックスの問題が起きたものと考えている。マシンを戻して、何が起きたのか調査する。


 この後、シルバーストンに向かうのが非常に楽しみだ。

2022年F1第9戦カナダGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第9戦カナダGP セルジオ・ペレス(レッドブル)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号