F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ガスリー14位「今日はペースが遅すぎて、ポイント争いをすることができなかった」:アルファタウリ/F1第9戦

2022年6月20日

 2022年F1カナダGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは14位という結果だった。


 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、ガスリーのレースについて次のように説明した。


「ピエールを前に空間のある状態で走らせるために、最初のピットストップをとても早い段階(5周目)に行った。それにより、彼は周囲のマシンとは異なるフェーズに入ったが、バーチャル・セーフティカーのタイミングが良くなかった。それでポジションを上げていくのがより難しくなったのだ。また、ハードタイヤの最初のセットではバランスがあまり良くなく、ポイント圏内まで順位を上げることはできなかった」

2022年F1第9戦カナダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル
2022年F1第9戦カナダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)のバトル

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=14位
15番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ハード


 後方からのスタートになったので、他とは違う戦略を取ろうと思い、(最初の)ピットストップを早めに行った。だけどそれはあまり効果がなかったね。


 今日のコンディションでは、グリップに苦労し、スライドが多く、結局はトップ10で戦えるだけのペースはなかった。


 これからすべてのことを分析する。でも、客観的に見て、決勝での僕たちは、単純に遅すぎた。さらに、バーチャル・セーフティカーに関しても運に恵まれなかった。とはいえ、それによって最終的な順位が大きく変わることはなかったと思うけどね。


 次戦までの時間を利用して、何をもっとうまくやれたのかを探り、ベストな準備をしてシルバーストンに臨みたい。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号