F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「1周目のインシデントは大きな痛手。ダメージを負いダウンフォースも失った」:マクラーレン F1第18戦決勝

2021年11月9日

 2021年F1第18戦メキシコGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは12位でレースを終えた。


■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=12位
 ファーストラップでのインシデントはこれ以上ないくらいきついものだった。スタートの時点でレースがほぼ終わってしまうからね。僕はトリッキーなところにいた。僕がポジションを取ろうとしなかったら、他の誰かが取ってしまい、僕は他のマシンに抜かれるだろうと分かっていた。結局のところ、それが1周目のインシデントだったと思う。


 スタートはよかったし、最初の数100メートルは好調に見えた。4番手にいることができたと思う。そして一瞬で状況は変わってしまった。それがレースの本質だが、かなりの痛手だった。なぜならレースに耐えて何かが起きるのを願うしかないからだ。でも何も起きなかった。(バルテリ・)ボッタスから(順位を)守ることはできたが、普通防御はより上のポジションを得るためにすることだ。でも僕たちはふたりとも明らかに後退していた。マシンはダメージも負っていたし、ダウンフォースをだいぶ失っていた。少しショックだったよ。数秒間は素晴らしいものに見えたけれど、その後は素晴らしいところなどなかった。ブラジルでは盛り返すようにするよ。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)&ダニエル・リカルド(マクラーレン)
スタート直後、ターン1のイン側でロックアップし止まりきれなかったリカルドがボッタスと接触した



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号