F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1田辺TD初日会見:4台がトップ10入りも「車体、PUともに改善の余地はある」好調フェラーリを警戒

2021年6月5日

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPの初日フリー走行ではレッドブル・ホンダがワン・ツー、アルファタウリ・ホンダも5、10番手のタイムを出し、ホンダ製パワーユニット搭載車がトップ10入りする順調な初日となった。


 それでもホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは「まだ車体、パワーユニットともに見直すべき点は多い」と、現時点での戦闘力には完全に納得できていない。


 ライバルを見ればメルセデスは11、16番手に沈んだものの、代わってフェラーリが3、4番手。前戦モナコGPに続いて好調を維持するフェラーリ勢に、田辺テクニカルディレクターも警戒心を隠さなかった。


────────────────────


──市街地コースの初日ということで、各車グリップ不足に苦しんでいた印象です。


田辺豊治テクニカルディレクター(以下、田辺TD):昨日までかなり風が強く、コース上には土埃や紙くずがたくさん散らばっている状態でした。紙くずはさすがに掃除されていましたが、土埃は依然として舞い上がっているなかでフリー走行が始まりました。


 埃っぽいうえに滑りやすい路面だったわけですが、走行が進むにつれて改善されていきました。路面の改善具合は結構大きかったと思います。それでもコーナーを曲がりきれずにオーバーランするクルマもあり、頻繁に黄旗が出る状況でした。


──ホンダパワーユニット搭載車はトップ10に4台とも入りました。


田辺TD:はい。いくぞというときに(他車に)引っ掛かったりもしたのですが、それでも4台ともにいいタイムを刻むことができました。おかげでフリー走行2回目は、1、2、5、10番手というポジションを得られました。


 低速90度コーナーと高速区間のバランスが重要なコースですが、まだそのあたりは見直すべき点が多いです。車体、パワーユニットともに改善の余地はあります。明日の予選もぜひクリアな周回で実力を発揮できればと思います。


──モナコGPに続いてフェラーリが好調ですが、それをどう受け止めていますか。


田辺TD:(レッドブルとアルファタウリの)2チーム4台以外は敵ですので、敵は強くない方がありがたいです。


──フェラーリが調子を上げている実感はありますか?


田辺TD:はい。モナコGP以前に比べると明らかに構図が変わっています。フェラーリの立ち位置は、そのなかの大きなひとつです。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■PUのセッティングは風向きと風の強さをある程度考慮して進める

──バクー市街地コースはセーフティカーが導入されないと燃費が厳しいコースですが、そこは今年も変わっていませんか?


田辺TD:はい。(スロットルを)踏みっぱなしでは辛いですね。そこは今日のデータに検討を加えて対処していきます。


──土曜日は風が強くなるようです。


田辺TD:北側からの風が基本のようですね。確かに風は土曜日、日曜日と吹き続け、日曜日が一番強くなるようです。


──風が強くなるとわかっている場合、それをある程度想定してパワーユニットのセッティングは調整するのでしょうか。あるいは出たとこ勝負なのでしょうか?


田辺TD:風向きと風の強さは、ある程度は考慮して作業を進めています。ただ実際問題、完全に対応することは難しく、文字どおり『風の吹くまま』のようなところはあります。もちろん対策を放置しているわけではないのですが、風向きが真逆になったりすると、そこは考慮しないといけないです。


──実際に風向きは変わりそうですか?


田辺TD:確認の必要がありますが、ビル群の影響で局所的に風向きが変わったりします。なんとも言えないですね。


──FIAから各チームのパワーユニット使用リストが発表されましたが、パワーサーキットということだからでしょうか、多くのチームが新品のパワーユニットを投入していました。そんななかでホンダは投入を見合わせています。なにか意図があったのでしょうか。あるいは土曜日以降に交換するのでしょうか。


田辺TD:土曜日に交換する予定はありません。他チームは、パワーサーキットだからパワーユニットを交換すると言っているのでしょうか?


──いえ、理由は明記していないのですが、パワーサーキットにもかかわらずホンダとルノーはパワーユニット交換を見合わせているのが興味深いと思いました。


田辺TD:全23戦を年間3基のパワーユニットで乗り切るという計画のもとでやっていますので、この第6戦アゼルバイジャンGPで交換する予定はない。それだけです。

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第6戦アゼルバイジャンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 結果 / レポート
9/26(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ロシアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン246.5
2位マックス・フェルスタッペン244.5
3位バルテリ・ボッタス151
4位ランド・ノリス139
5位セルジオ・ペレス120
6位カルロス・サインツJr.112.5
7位シャルル・ルクレール104
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※ロシアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム397.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ364.5
3位マクラーレンF1チーム234
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ216.5
5位アルピーヌF1チーム103
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号