F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:開幕2戦が終了。角田選手は走り込んだサーキットで結果を出すことが大事

2021年4月24日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。今回は2021年第1戦バーレーンGP、第2戦エミリア・ロマーニャGPを振り返ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 開幕して2戦が終わり、メルセデスの今までのアドバンテージがなくなったように見えますね。レーキ角が多めになり、クルマの合わせ込みの途中なのかなとも思います。その中でも戦略を駆使して結果を残してくるメルセデスはさすがだなあと感じました。

 でもイモラではハミルトンは、「あ、そこ行っちゃダメ!」と思ったところを走ってコースアウト。彼も人間なんだなと思うと同時に、やっと彼を追い詰める状況になったんだなあと感じました。もしかすると、今年はフェルスタッペンとの歴史に残る戦いになるかもしれませんね。

 コンストラクターの争いでは、ペレスとボッタスがキーポイントになると思います。まだ苦戦中のふたりですが、チームはどうバックアップするのか。

 ペレスに関しては、開幕戦でスタート時にトラブルが発生しましたが、すぐ落ち着いてリスタートしました。再始動できるところはさすがベテランだと思いました。

 また、イモラの予選ではフェルスタッペンを上回りました。今までリカルドを除き、レッドブルのマシンで、予選でまともにフェルスタッペンより速く走った人はいなかったのではないでしょうか。ペレスは対応能力の高いドライバーで、ボッタスより改善してくるのではないかと思っています。

 ボッタスと言えば、イモラでのラッセルとの接触ですよね。あれは、お互い悪いかなあ。ボッタスは寄せてはいるけど、すごくではない。ラッセルはそれに対してオーバーアクションしてしまった。それで濡れた路面に乗ってしまった。

 僕は、あれはDRSの怖さもあると思います。DRSが作動していると、リヤはものすごく軽くなりますから。DRSは面白いけど、考えものですね。個人的には、もう少し乾いてからDRSを解禁するとかした方がいいと思います。

 他に目立ったところでは、ノリスがいいですね! 移籍してきたリカルドはまだ順応していないように見えますが、その彼に対して「先に行かせろ」と主張。リカルドもまだ乗れていないという自覚があるのでしょう。だから譲ったんだと思います。

 ノリスはフェルスタッペンに近い実力を感じます。今後は引く手あまたではないかなと思います。

 マクラーレンは、今年はかなりいいクルマに仕上げてきましたね。フェラーリも復調しつつあるような雰囲気です。そして、アルファタウリもいい。きっとホンダエンジンもいいのでしょう。

 ガスリーはインターミディエイトでスタートしていれば、フェラーリを食っていた可能性もあります。

 一方、角田君はまだちゃんと走り込めていない感じがします。開幕戦のQ1は良かったですが、Q2はタイム出し切れなかったし。

 イモラの予選は、これは難しい判断ですが、クラッシュする直前、曲がろうとせずに直進してしまえばよかったかもしれませんね。

 角田君は、今後はFIA-F2でたくさん走り込んでいるサーキットで結果を出すことが大事だと思います。あせらず急がず、周囲の雑音は聞かずに、自分の走りに集中することです。僕は、角田君はガスリーとはほぼ互角のポテンシャルはあると思います。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号