F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2019年型トロロッソ・ホンダF1に代表が大きな期待「今、チーム史上、最もいい状況にある」

2018年4月19日

 スクーデリア・トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、ホンダとパートナーシップを結んだチームは今、かつてないほど良い状況にあると語った。


 2018年、トロロッソはホンダと契約し、ワークスチームとしてのステータスを手に入れた。2戦目のバーレーンではピエール・ガスリーが予選6位、決勝4位という見事な結果を出した。


「トロロッソは今、チーム史上最も良い状況にある」とトストは語った。


「マシンの設計プロセス全体に、より深く関わることができるようになった」


「たとえばパワーユニットとの適合の仕方、冷却システム、エキゾーストシステムといったもののデザインについてだ」


「全体的なマシン設計において、こういったことが特に来年には大きなアドバンテージになると思う」


 スクーデリア・トロロッソのテクニカルディレクター、ジェームズ・キーは、初めてのシーズンに向けて、トロロッソ側はホンダがいい仕事ができるよう、できるだけ自由に開発を進めることを認めるというアプローチをとったと明かしている。


「ホンダに対してこう言った。『何をしたいのかを教えてくれればいい。いい妥協点を探し、何がベストのパッケージなのか答えを見つけ出そう』とね」とキーは今年初めにコメントした。


 今後、協力関係がより密になることで、全体的なパフォーマンスが向上することにチームは期待している。


 トロロッソは開幕戦オーストラリアと第3戦中国はノーポイントに終わったが、第3戦終了時点でコンストラクターズ選手権で6位につけている。ホンダのパワーユニットは、オーストラリアでトラブルが発生したものの、その後、大きな問題は見られていない。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号