F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド、チームも大喜びの4番手「少し驚いたけど誇らしい。アップデートもあり状況が好転」F1第6戦スプリント予選

2024年5月4日

 2024年F1マイアミGPの金曜、RBのダニエル・リカルドはスプリント予選で4番手を獲得した。


 レーシングディレクターのアラン・パーメインは、リカルドの金曜日について次のように語った。


「我々とダニエルにとって素晴らしいセッションだった。本当に、本当に、ハッピーだ。今朝の序盤の周回からマシンは良いパフォーマンスを見せた。ここにはアップグレードしたフロアを持ち込んでいて(注:アップデート版フロアボディとディフューザーを導入)、それが予想どおりの性能を発揮したのだ。それによってダニエルは、ウォールに囲まれたこのトリッキーなトラックでマシンをプッシュするだけの自信を得ることができた。その結果、明日のスプリントで4番グリッドを確保することができたのだ」

ダニエル・リカルド(RB)
2024年F1第6戦F1マイアミGP ダニエル・リカルド(RB)


■ダニエル・リカルド(ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チーム)
FP1 11番手(1分29秒178:ミディアムタイヤ/27周)
スプリント予選 4番手(SQ1=11番手1分28秒700:ミディアムタイヤ/SQ2=5番手1分28秒122:ミディアムタイヤ/SQ3=4番手1分28秒044:ソフトタイヤ)

ダニエル・リカルド(RB)
2024年F1第6戦F1マイアミGP ダニエル・リカルド(RB)


 今日はとても良い感触を持っていた。自信をもって走ることができたし、(スプリントで)セカンドロウという結果は最高だよ!


 過去何戦かでチームがアップデートを持ち込み、前戦中国では僕のシャシーが交換された。そしてマイアミでは新しいフロアが導入された。彼らは状況を好転させているように思うし、チームと僕自身の今日の仕事をとても誇りに思う。


 SQ1から良いセッションになった。最初のラップではミスをして、少しプレッシャーがあった。でもその後、良いラップを走り、SQ2から良い状態を作り上げていったんだ。ソフトコンパウンドに履き替えたらもっと大幅に速くなると予想していた。だから自分のラップで4番手だったことに少し驚いている。ソフトタイヤではミディアムからのタイムの向上がそれほど大きくなかったんだ。


 ウォールに2回接触したよ。チームに伝えたように、マシンからすべての力を引き出すためにプッシュしていたんだ。


 スプリントで何が起こるかを見てみよう。上位グリッドを確保できたのはとてもうれしいことだ。序盤にクリーンなレースをすることに役立つ可能性が高い。カオスに巻き込まれさえしなければね。明日は何ポイントか獲得したい。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号