F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1パワートレイン事情:角田とペレスは予定通りのPU交換。前戦で交換済みのリカルドは想定外のトラブル

2024年4月16日

 F1第4戦日本GPに、以下の4人のドライバーが2基目のICEを含むパワーユニット主要4コンポーネントを投入した。

・セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダRBPT)
・ルイス・ハミルトン(メルセデス)
・エステバン・オコン(アルピーヌ・ルノー)
・角田裕毅(RB・ホンダRBPT)

 この中で、最も深刻だったのがハミルトンだ。前戦オーストラリアGPの決勝レースで序盤にパワーユニットのトラブルでリタイアしたハミルトン。日本GPの金曜日に開かれた国際自動車連盟(FIA)の記者会見に出席したトト・ウォルフ代表は、メディアからの「ハミルトンのパワーユニットが受けたダメージが末期的だという報道は正しいのか? また、もし正しかった場合、1基失って、シーズン後半にペナルティが科される可能性はあるのか?」という質問に次のように答えた。

「そう考えてもらっていいだろう。今回のトラブルは非常にレアなケースで、これまで経験したことがないハードウェアのトラブルだった。したがって、われわれはトラブルが起きたルイスの1基目を再び使用することはない。ペナルティ覚悟で1基追加するかどうかはシーズンの展開次第だ。いまの段階では、まだ結論が出ていない」

 ホンダRBPTのふたりに関しては、1基目に問題が出たわけではなく、予定通りの投入だった。ホンダ・レーシング(HRC)の折原伸太郎(トラックサイドゼネラルマネージャー)は次のように説明する。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP