F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン「マシンが極めて不安定で、対応に苦労している」予選でFP3のタイムを上回れず:メルセデス/F1第3戦

2024年3月24日

 2024年F1オーストラリアGPの予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはQ2で0.059秒差で敗退、11番手となった。ハミルトンは、予選でマシンの感触が悪化したと述べており、FP3でのタイムを上回ることができなかった。ジョージ・ラッセルは7番手だった。


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
FP3 4番手(1分16秒806:ソフトタイヤ/20周)
予選 11番手(Q1=12番手1分17秒499:ソフトタイヤ/Q2=11番手1分16秒960:ソフトタイヤ)


 FP3ではマシンのフィーリングは良かった。昨日と比べて大きく改善していたし、トップに近い位置につけることもできた。でも残念ながら、予選に入るとマシンの一貫性が失われてしまった。ここは午後になると風が強くなりがちで、FP2の時と同じように、それに苦しめられたんだと思う。マシンは極めて不安定で、ドライバーとしてそういう状態に対応するのは困難だった。


 今はチームの誰もがいい気分ではいないけど、努力し続ける。このマシンをQ3まで導いたジョージは素晴らしい仕事をした。明日戻ってきて、もっと良い仕事ができるように集中するよ。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第3戦オーストラリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
FP3 5番手(1分16秒886:ソフトタイヤ/23周)
予選 7番手(Q1=6番手1分17秒062:ソフトタイヤ/Q2=10番手1分16秒901:ソフトタイヤ/Q3=7番手1分16秒724:ソフトタイヤ)

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第3戦オーストラリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)


 今日は期待していたような予選にはならなかった。タイヤを機能する状態にもっていくのが難しかったし、差がほとんどない現状では、コンマ数秒が大きな影響をもたらしてしまう。


 マシンはFP3では力強く感じたけれど、残念ながらそのフィーリングをうまく午後に引き継ぐことはできなかった。マシンの改善すべきところは分かっている。それは高速コーナーだ。


 あいにく、ここメルボルンには高速コーナーがたくさんあるから、このサーキットで僕たちの強みを生かせずにいるのは間違いない。だけど明日、みんながマシンに燃料をたくさん積んだ状態になれば、もっといい位置につけられるはずだ。


 レースに向けては未知の部分も多い。誰もハードタイヤでは走っていないけど、レースで主に使うのはこのコンパウンドだ。また、グレイニングも見られるかもしれない。いつも以上にエキサイティングなレースが見られると思うよ。そして結局のところ、重要なのは日曜のグランプリだ。

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2024年F1第3戦オーストラリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号