F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】レッドブルF1の覇権と2026年にホンダと組むアストンマーティンの賭け/スペイン人ライターのF1コラム

2023.10.15

 F1第18戦カタールGPでドライバーズチャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペン。マシンだけでなくパワーユニットの性能で他のチームを圧倒した結果だ。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアがホンダとパートナーを組んだレッドブルとマクラーレンについて語る。

------------------------------------------------------

 ふたたび世界チャンピオンについてだ。レッドブルは最近の日本GPで、2回連続となるコンストラクターズチャンピオンに輝いた。これはホンダをエンジンパートナーとした2回目のタイトル獲得ということにもなる。そしてカタールGPでは、マックス・フェルスタッペンが3年連続のドライバーズタイトルを獲得した。2023年シーズン、ひとりのドライバーとひとつのチームをF1王者にするという第一の目標を達成したのだ。

 その成功の大部分はホンダの素晴らしいエンジンにあることは否定できない。パワフルであると同時に信頼性が高く、ドライバーがパワーを幅広い回転数で活用できる優れたドライバビリティを備えている。一方でかつてのパートナーだったマクラーレンも素晴らしい復活を遂げている。もし別の世界線があったとしたら、彼らがレッドブルの代わりにタイトルを獲得できていたはずだ。

 9年前、F1はメルセデス、フェラーリ、ルノーに加わる新しいエンジンの登場に向けて準備を進めていた。そのメーカーは他ならぬホンダだった。ホンダは1980年代にターボエンジンで大きな成功を収めていた。実際、興奮させられる要素のひとつに、2015年に向けてマクラーレン・ホンダのパートナーシップが23年振りに再結成されることがあった。そしてフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンのふたりの世界チャンピオンがいたのだから、何を間違うことがあるだろうか?


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP