F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:予選でマックスが犯した珍しいミス「僕のキャリアを通じて、最高に恥ずかしかった瞬間」

2023.07.20

 F1第11戦イギリスGPでも勝利し、6連勝となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。今シーズンはライバルと呼ばれる存在は現れるのだろうか。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがレースの週末を振り返る。
--------------------------------------

 マックス・フェルスタッペンの『ドリームシーズン』はとどまるところを知らない。シルバーストンで開かれたイギリスGPで、彼はマイアミ、モナコ、スペイン、カナダ、オーストリアに続く6連勝を達成した。シーズン序盤のバーレーンとオーストラリアも含めるとシーズン8勝目。F1世界選手権でのポディウムフィニッシュは通算87回となった。

 また、レッドブル・レーシングとしては11戦連続の勝利(通算102勝目)をあげ、1988年にアイルトン・セナとアラン・プロストを擁するマクラーレンが打ち立てたF1記録と肩を並べている。

 イギリスGPの週末に明らかになったのは、もはやマックス・フェルスタッペンを止められるのはマックス・フェルスタッペンだけ、ということだ。彼は右手に包帯をした姿でシルバーストンに現れた。いったい何が起きたのだろうか。マックスは言う。「(レースの週の)木曜に手に痛みを感じたんだ。特に捻ったりした覚えはなくて、理由はよくわからないんだけどね。プラクティス初日の金曜にはまだだいぶ痛みがあったけど、土曜にはずいぶん良くなった。そして、グランプリの当日には、もうまったく気にならなかった。自分でも予想していたことだけど、レースになってアドレナリンが出始めると、そんなことは全部忘れてしまうんだ」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号