F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、メルセデスに届かず「表彰台に上るにはリスクが必要だった」代表はラッセルのコーナーカットを批判/F1第8戦

2023年6月5日

 2023年F1スペインGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは4位でフィニッシュした。11番グリッドから着実に順位を上げていき、最終スティントは5番手からスタート、カルロス・サインツ(フェラーリ)を抜き、ジョージ・ラッセル(メルセデス)との差を縮めていったが、追いつくことはできず、4位となった。


 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、レース後、ペレスが表彰台に届かなかったことについて『Sky Sports』に聞かれ、ラッセルのスタート直後の行為とそれにペナルティが科されなかったことが、ペレスの表彰台獲得を阻んだと示唆した。


 ペレスのひとつ後ろのグリッドだったラッセルは、スタート直後に行き場を失ってコース外を通り、コーナーをカットした後、ポジション上のアドバンテージを得ないように気を付けながら、前と同じ位置関係でコースに復帰した。この行為についてスチュワードは留意したものの、審議の必要はないと判断した。その後、ラッセルは1周目の間に5つポジションを上げ、最終的に3位でフィニッシュした。


「彼(ペレス)はレース序盤に負けたのだ」とホーナー。「彼はあまりいいスタートを切ることができなかった。ジョージはコース外を走ったことに関して、ペナルティを受けずに済んだ。それが最終的な違いにつながったと私は思う」


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=4位(66周/66周)
11番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ソフト

2023年F1第8戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2023年F1第8戦スペインGP セルジオ・ペレス(レッドブル)


 今日のレースにはがっかりしている。予選の失敗の代償を支払う形になった。優れた戦略で走ったけれど、グリッドポジションからして、できることは限られていた。


 3位は可能だったと思う。もっとポイントを稼ぐためには、レースがだめになる可能性があっても、1周目にもっとリスクを犯す必要があった。


 1周目、ジョージはかなり深く突っ込んでいって、たくさんポジションを上げていた。でも僕たちは、確実にクリーンなスタートを切りたかったから、そこまでアグレッシブにはいかなかった。


 その後、アストンマーティンの後ろに引っかかった。フェルナンド(・アロンソ)は本当にオーバーテイクしづらかった。そのため、思っていたほど早く順位を上げることができなかった。


 今週末は全体的に見て、一歩後退したと思う。上位につけることができなかったんだ。でも改善できることはたくさんある。12ポイントを持ち帰ることもできた。次のカナダでは強力なレースができるはずだ。今は全体的に僅差になっているので、興味深いレースになるだろう。



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP