F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、クラッシュで予選20番手「自分にがっかり。タイトル争いにおいて大きな痛手」シャシー交換の可能性も/F1第7戦

2023年5月28日

 2023年F1モナコGPの土曜予選で、レッドブルのセルジオ・ペレスはQ1序盤にクラッシュし、その後の走行が不可能になり、20番手という結果に終わった。


 Q1でのフライングラップ2周目、ペレスはサン・デボーテ入口でコントロールを失い、コーナーアウト側のバリアにヒット、マシンの左サイドに大きなダメージを負い、コース上でストップした。


 チーム代表クリスチャン・ホーナーは、「右側を走っていたアルピーヌに気を取られたのだとしか考えられない。それでターン1に関してミスジャッジをした。これについて彼は自分自身を責めることだろう」と、Formula1.comに対して語った。


「予防的措置でシャシーを交換しなければならないかもしれない。マシンを詳細にチェックしてから判断を下すことになるが」


「(2018年に)マックス(・フェルスタッペン)が同じポジションからスタートし、トップ10に入るのがやっとだった。つまりチェコにとって、ポイントを獲得することが明日の目標になるだろう」

2023年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が予選Q1でクラッシュ
2023年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が予選Q1でクラッシュ


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 2番手(1分12秒849:ソフトタイヤ/24周)
予選 20番手(Q1=20番手1分13秒850:ソフトタイヤ)


 今日は自分自身に本当にがっかりしている。予選はうまくいきつつあった。マシンバランスに満足しており、Q1ではいつもどおり、新しい限界を見つけようとしていた。コーナーに入っていった時にリヤエンドのコントロールを失い、それがかなり遅いタイミングで起きたために、行き場がなく、コーナーをカットすることも、抜け出すこともできなかった。それでウォールに接触した。自分がしたことが信じられない。


 今はこのミスを受け入れることが難しい。言葉もないが、ただただチームに対して申し訳なく思う。彼らにふさわしい結果を出すことができなかった。


 マシンのダメージを正確に調べてから、明日のレースに向けていくつか決断を下す。


 今日はポールポジション争いに加わりたかった。大きなチャンスだったので、本当にがっかりしている。僕にとってはチャンピオンシップの面で大きな打撃になった。大量のポイントを失うことになるからね。


 通常のレースであれば、明日の決勝で何かしようと思っても、難しいだろう。マシンは速いけれど、このサーキットを今の幅広いマシンで走ると、オーバーテイクはほぼ不可能だ。ポジションを上げていくのは困難だろうが、あらゆることを試してみるよ。

2023年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2023年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP