F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1の大型アップグレードがモナコに登場。“ゼロ・サイドポッド”コンセプトから脱却

2023年5月26日

 メルセデスF1チームは、F1モナコGPに大規模なマシンアップグレードを持ち込むことを明らかにしていたが、その一部がモナコ前の木曜、明るみに出た。W14のアップグレードの主な対象は、サイドポッド、フロントサスペンション、フロアだ。


 2022年、2023年と、トップ争いができるパフォーマンスを発揮できずにいるメルセデスは、マシンの哲学を変更、“ゼロ・サイドポッド”から離れることを決めた。最初の大きなアップグレードは、5月のエミリア・ロマーニャGPで投入される予定だったが、大災害のためにグランプリが中止になったため、モナコで新パッケージをデビューさせることになった。


 モナコGP前の木曜、ガレージでの準備が進められるなかで、W14の新パーツの一部が公にされることとなった。サイドポッドはこれまでの独自のスタイルから脱却し、より幅広く、より一般的な、ダウンウォッシュコンセプトへと変更された。ドライバーのフィーリングを改善するために変更されたフロントサスペンションは、トップウィッシュボーンが車体のより高い位置に取り付けられたデザインになっている。

2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新サイドポッド
2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新サイドポッド

2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新サイドポッド
2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新サイドポッド

2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新フロントサスペンション
2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14の新フロントサスペンション

2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14
2023年F1第6戦モナコGP メルセデスW14


 フロアについては詳細が判明していないが、アンダーフロア・トンネルの形状が大きく変更されたと『Sky Spots』は伝えている。


 これらの変更により、メルセデスはドライバーたちに、より安定し、挙動が予想しやすいマシンを提供しようとしている。トト・ウォルフ代表によると、今回のアップグレードは、新しい方向性への第一歩にすぎないということだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP