F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、予選最速を記録も、赤旗で9番手「自分に怒っている。1周目のミスが自分の首を締める結果に」F1第5戦

2023年5月7日

 2023年F1マイアミGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは9番手という結果だった。


 Q1、Q2と順調にトップタイムで通過していったフェルスタッペンは、Q3最初のアタックラップで、ターン5で体勢を崩し、その次のコーナーで修正しようとして再度ワイドになったため、そのラップを断念。終盤のチャンスに賭けることになったが、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がクラッシュしたことで、セッションが約1分半を残して終了となり、フェルスタッペンはQ3ノータイムのまま予選9番手に沈んだ。


 ポールポジションはセルジオ・ペレス(レッドブル)が獲得することになったが、予選全体での最速ラップは、ポールポジションタイム(1分26秒841)ではなく、フェルスタッペンがQ2で刻んだ1分26秒814だった。


 なお、FP3スタート時、レッドブルがフェルスタッペン車のギヤボックス(ギヤボックスケースおよびカセット[GBX C & C]、ギヤボックスドライブライン、ギヤチェンジコンポーネントおよび補助コンポーネント[GBX DL])のシーズン3基目を入れたことが発表された。

2023年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2023年F1第5戦マイアミGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 1番手(1分27秒535:ソフトタイヤ/18周)
予選 9番手(Q1=1番手1分27秒363:ソフトタイヤ/Q2=1番手1分26秒814:ソフトタイヤ/Q3=9番手ノータイム)


 最初の問題は僕から始まった。マシンを限界ぎりぎりまで持っていき、ミスをした。そのラップを断念しなければならず、そうなると、赤旗が出ないよう、幸運を祈るしかなくなる。


 辛いし腹立たしい。週末を通して僕たちは速さを発揮してきた。Q2での自己ベストタイムはポールを獲ることが可能なタイムだった。つまり僕たちのマシンには十分な速さがあったんだ。


 当然のことながら、毎週末、僕は勝つことを目指している。でも9番グリッドというのは理想的なポジションではない。明日は最低でも2位を目指したい。間違いなく、厳しいレースになるだろうが、自分自身が作り出したことだ。


(自身の公式サイトで語り)最初にミスを犯したのは自分自身だ。赤旗が出たのはとても残念なことだけど、ストリートサーキットでは起こり得ることだ。週末を通してとても好調だったのに、9番手だ。望んでいた位置ではないし、僕たちがいるべき位置でもない。今は少し自分自身に対して怒っている。


 困難な事態を自分自身で作り出した。ここから勝つために必死に努力するよ。



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP