F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サージェント「前日以上に厳しい状況だったが、完走を果たしまた少し自信がついた」:ウイリアムズ F1第2戦決勝

2023年3月21日

 2023年F1第2戦サウジアラビアGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのローガン・サージェントは16位、アレクサンダー・アルボンはブレーキのトラブルによりリタイアに終わった。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=16位(50周/50周)

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第2戦サウジアラビアGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

 今日は昨日よりもさらに厳しかった。最初の30周くらいはいい感じだったけど、終盤にかけてタイヤを機能させられなくなり、大きくグリップが落ちてしまったんだ。それでも、今回も完走を果たして、多くを学ぶことができた。次のレースに向けて、また少し自信がついたのは間違いない。この週末、僕はこういう難しいサーキットでも、速く走れることを証明してみせた。これをそのままメルボルンに持ち込んで再現し、進歩を続けられればいいと思っている。


 ここまでの2レースで、とても多くのことを学んだよ。あらゆることに慣れてきたと感じるし、それを体に覚え込ませるための努力を続けている。まあ、すべてが一度に起きるようなことではなく、絶えず積み重ねていきながら、理解を深めていくようなことだけどね。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(27周/50周)

アレクサンダー・アルボン&ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第2戦サウジアラビアGP アレクサンダー・アルボン&ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

 悔しさの残るレースだった。この週末はチームとして好調に思えたし、昨年と比べてクルマがずいぶん進歩したことに感心させられていたからだ。このクルマをドライブするのはとても楽しかったけど、残念なことに、肝心な予選をうまく戦えず、レースではクルマにトラブルが発生した。今回はポイント獲得も可能だと思っていただけに、本当に悔しいね。後方でのフィニッシュには終わらないはずのペースがあったわけだから、むしろ落胆と言うべきかもしれない。つまり、ポジティブな部分がたくさんあって、状況を好転させ、また戦えるようになるチャンスはあるがゆえの、普通とはちょっと違う種類の落胆だ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号