F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ノリス、決勝レースでPUの空気圧漏れなど複数のトラブルが発生「10周ごとにピットに戻る必要があった」/F1第1戦

2023年3月7日

 マクラーレンのランド・ノリスは、17位に終わった2023年F1第1戦バーレーンGPの決勝レース中にトラブルに見舞われたため、10周ごとにピットに戻らなければならなかったと振り返った。


 バーレーンでのノリスの2023年開幕戦は、パワーユニットの空気圧が漏れたために、マクラーレンのメカニックたちにとってピットストップ練習のような様相を帯びていた。土曜日の予選でノリスはトップ10入りできず11番手スタートとなったが、レースでは最初の10周の間は10番手を走行していた。しかしノリスにとってはそれが限界の走りで、その後は解決不能なメカニカルトラブルを抱えて行き詰まってしまった。


「ランドのパワーユニットは空気圧漏れを起こしていた」とマクラーレンF1チームの代表アンドレア・ステラは説明した。


「システムを再充電するために、彼は10周ごとにピットストップをしなければならなかった」


 何度もピットレーンに戻ったノリスだが、バーレーンGPから少なくともひとつプラスの収穫があったという。


「最高だったのは、メカニックたちがピットストップの練習をたくさんできたことだと思うよ! それが今日一番ポジティブなことだった」とノリスは語った。

ランド・ノリス(マクラーレン)
2023年F1第1戦バーレーンGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 真面目な話をすれば、ノリスはマシンのエンジンに空気圧の問題がなければ、1ポイントや2ポイントは獲得できただろうと考えているという。


「スタートの時点ではいくつか順位を上げたと思うけれど、ターン1から先は基本的に問題があった。空気圧の問題やそのほかあらゆるトラブルがあったせいで、どんどんレースから脱落していき、10周ごとにピットに戻らなければならなかった」


「今日のペースは、実際のところまあまあだったと思う。今日は少なくとも1ポイントは獲得できる可能性があったから、問題があったことは残念だよ」


 ガレージの反対側では、オスカー・ピアストリに電気系統のトラブルが起きており、彼のグランプリデビューはたった13周で終わってしまった。マクラーレンにとって期待外れの週末になったものの、ノリスはチームの士気を支えるのに最善を尽くした。


「とても重要なことだ。それは僕の仕事の一部だし、これまで以上にそうだと思う。彼らが悲観的にならなければならない理由はないよ」とノリスは説明した。


「大事なのはポイントを獲得すべきだったということだ。競争力があまりないとわかっているマシンでそうすることが、今日の僕たちの目標だったんだ。チームはそのことを知っている。問題を解決すれば大丈夫になるよ」

ランド・ノリス(マクラーレン)
2023年F1第1戦バーレーンGP ランド・ノリス(マクラーレン)
DAZNアフィリ用画像リンク



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP