F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1がついに2026年PU製造者登録へ。レッドブル・パワートレインズの新規参入者ステータスに反対も、戦略変更

2023年1月18日

 スクーデリア・フェラーリが、2026年からF1に導入されるパワーユニット(PU)レギュレーション下で参戦することに同意し、マニュファクチャラーとしての登録を行うことを決意したようだ。フェラーリは、レッドブル・パワートレインズが新規参入者として有利な立場を得ることに反対し、これまで登録を行ってこなかった。


 レッドブル・パワートレインズにどのようなステータスが与えられるのかについて、フェラーリはFIAと長期にわたり議論してきた。新規参入マニュファクチャラーとして扱われることで、既存のマニュファクチャラーよりも非常に有利な条件を得ることができるからだ。

レッドブル・パワートレインズのファクトリー
レッドブル・パワートレインズのファクトリー

 パワーユニット規則が変わる2026年に、アウディがF1に参戦することが決まった。2026年の新規則では、MGU-H(熱エネルギー回生システム)が廃止されるものの、それ以外については劇的な変更はない。そのため、新規参入者には、現在F1に参戦するフェラーリ、メルセデス、ルノーに追いつくために明確なメリットを与える必要があった。そういった考えの下、アウディなど新たにF1に参戦するマニュファクチャラーに対しては、既存マニュファクチャラーよりもはるかに多額の資金を使い、多数のテストを行うことを許可することとなったわけだ。

アウディがF1参戦を発表、ロゴ入りショーカーを披露
アウディがF1参戦を発表、ロゴ入りショーカーを披露

 レッドブル・パワートレインズは、新規マニュファクチャラーとしてFIAへの申請を行ったが、フェラーリはこの動きを阻止したいと考えた。現在、ホンダが製造したパワーユニットを使用し、そこから知識を得ているレッドブル・パワートレインズは、新規参入者としてのメリットを受け取るべきではないという理由からだ。


 あるフェラーリ関係者はこう語った。


「たとえば、アルファロメオが我々の現在のパワーユニットのIP(知的財産)を購入して、新規マニュファクチャラーに許されるメリットを3シーズンにわたって活用するようなものだ。そうなれば、彼らは、我々既存マニュファクチャラーが制限を課された上で作るパワーユニットよりもはるかに優れたものを作り上げることになるだろう」


「その場合、我々はアルファロメオからエンジンを購入して、そこにフェラーリのバッジをつけて使うこともできる。そうやってライバルたちが太刀打ちできないような最高のエンジンを得る可能性もあるわけだ。だが、我々が合意したレギュレーションが意図するのはそういうことではない」


「新規マニュファクチャラーというのは、アウディやポルシェのように、現在のレギュレーションでの経験が一切ない状態で、純粋に新規参入する者のことを言う。レッドブルのように、完全にホンダが設計、製造、開発した現在のパワーユニットをもとにスタートするような、うわべを取り繕うようなギミックを使う者のことではない」

2022年F1第18戦日本GP マックス・フェルスタッペンのレッドブルRB18に飾られた『HONDA』のロゴ
2022年F1第18戦日本GP マックス・フェルスタッペンのレッドブルRB18に飾られた『HONDA』のロゴ

 しかしフェラーリは、FIAに対して2026年後もF1にとどまることを約束する事前合意にサインしたようだ。これまで契約をしてこなかったことで、フェラーリは、12月に実施されたエンジンミーティングに参加することが許されなかった。メルセデス、ルノー、レッドブル・パワートレインズ、アウディは、2026年のマニュファクチャラー登録を済ませている。また、12月には、ホンダ・レーシング(HRC)の渡辺康治社長が、「レースの研究を続けていくために製造者登録を行った」ことを明らかにした。


 フェラーリは、会議に加わることが許されない立場で抗議し続けても、レッドブル・パワートレインズのステータスについて影響を及ぼすことができないため、レギュレーション策定プロセスに関わりつつ、自分たちの主張を通すことの方が賢明であると考えたのだろう。



(Grandprix.com)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編