F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

規則の解釈を誤ったチームは「常に遅れをとり、追いつくための努力が必要」とレッドブルF1のフェルスタッペン

2023年1月19日

 F1のレギュレーション刷新から1年が経ったが、2022年にルールの解釈を誤ったチームは、2023年シーズンも遅れを取り戻し続けなければならない可能性が高いと、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは述べている。


 レッドブルとフェラーリの新世代マシンは、2022年シーズン開幕時には彼らのライバルであるメルセデスをリードしていた。一方でメルセデスのマシンは、慢性的なポーパシング問題のせいで性能を発揮できなかった。この空力現象はフィールド全体に広がった問題で、メルセデスのエンジニアたちは最終的に夏の間に問題を軽減することができたが、メルセデスは特に大きな影響を受けてしまった。


 しかし、各チームがレギュレーションの活用を進めているものの、昨年の遅れがあると2023年も不利になるとフェルスタッペンは述べている。


「レギュレーションが変更され、一部のチームが完全に正しく理解した時にわかることだ」とフェルスタッペンは『Viaplay』に語った。


「一旦正確に理解すれば、自分たちがやっていることがわかる。程度の差はあれ、そこから小さな一歩を踏み出していくことができる」


「でも解釈を間違うと、新たに考えてやり直さなければならない。そうすると常に遅れをとることになるので、追いつくように努力しなければならない」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第16戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 2度のF1世界チャンピオンであるフェルスタッペンは例として、彼のチームが過去に経験した困難について指摘した。


「僕たちが(メルセデスに挑戦するのに)数年かかったことは知られている。僕たちには十分な性能のエンジンがなかった。でもエンジンの件を解決し、マシンに取り組んで一度すべてをまとめ上げると、ようやく戦えるレベルになった。でも数年の時間がかかったんだ」


「これらのレギュレーションならそれほど複雑ではないかもしれないが、まだ遅れをとっているだろうし、追いつく必要がある」


「でも彼らが追いつこうとしている間に僕たちの方も改善していく。それが僕たちがやり続けなければならないことで、2023年にも示していきたいと願っている」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第20戦メキシコGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編