F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

チームメイトと良好な関係を築いてきたノリス。親友リカルドの離脱で「さみしく感じるのは当然」と明かす

2022年11月30日

 ランド・ノリスは、マクラーレンF1の元チームメイトでF1の「エンターテイナー」と呼ばれるダニエル・リカルドとは、この2年間で良好な関係を築いてきており、チームからリカルドの笑顔が去るのはさみしく思うと認めた。


 リカルドとマクラーレンの契約は、リカルドの成績が上向かなかったこともあり、予定よりも早期に終了となった。リカルドのマクラーレンでの2年間は、成績の面では物足りなかったが、コース内外でチームメイトと良好な関係を結ぶという成果を上げた。


 F1の世界では、友好的に振る舞うことはあっても真の友人を見つけるのは難しい。そうしたなかにあって、ノリスはチームメイトと数年を過ごすうちに、いつも親友になる。前のチームメイトのカルロス・サインツともそうして仲良くなった。


「なんというか、確かに今までのチームメイトとはみんな良い関係を結べている」とノリスは最近アブダビで語った。


「コースでも、コースを離れても、みんなといい友人になれた気がする。僕としては、これまで一緒に走ってきたドライバー全員と、リスペクトし合う仲になれたと思っている」


「もっとも、ダニエルはそんなことないって言ってくるかもしれないけどね! もちろん、そのためにはお互いをよく知らなければならないし、他の誰よりも密接に連携しながら仕事をし、それを過去数年にわたって行ってきたんだ。そうなれば気持ちが通じないわけがない。親友になれたと僕は思っているが、親友がいなくなればさみしく感じるのは当然だ。一緒に写真まで撮ったよ。おかしな話だけれどね!」


 実際、ノリスとリカルドはよく一緒の写真に収まっており、それぞれのインスタグラムに画像を投稿してはファンを喜ばせている。


 リカルドはマクラーレンを離れるが、F1の世界には留まる。通算8勝を誇るリカルドは、レッドブル・レーシングのリザーブドライバーとなることが決まった。つまり、来季もパドック内外でリカルドの姿を見ることができる。


「来季もダニエルがパドックにいてくれるのはうれしい。彼はF1にとって重要だと思う。彼はエンターテイナーなんだ」


「さみしくなるが、会えなくなるわけではない。だから大丈夫だ」

ランド・ノリス&ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第22戦アブダビGP ランド・ノリス&ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP