F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファタウリF1の2023年エースは角田裕毅かデ・フリースか。トスト代表は明言を避ける

2022年11月17日

 アルファタウリF1のフランツ・トスト代表は、角田裕毅とニック・デ・フリースのどちらが来季2023年シーズンのリーダーになるかは、まだわからないと語った。


 ピエール・ガスリーのアルピーヌ移籍により、アルファタウリは角田とルーキーのデ・フリースのコンビで来シーズンを戦うことになった。


 2021年からメルセデスのリザーブドライバーを務めてきたデ・フリースは、2022年の第16戦イタリアGPにアレクサンダー・アルボンの代役としてウイリアムズから出場。予選・決勝ともにチームメイトのニコラス・ラティフィを上回り、9位フィニッシュを果たしてポイントを獲得した。


 F1でのレース経験はこの1戦のみとはいえ、デ・フリースは2019年のFIA F2チャンピオンであるとともに、ABB FIAフォーミュラE世界選手権でも2020/2021年シーズンにタイトルを獲得しており、その実力は折り紙付きだ。

2022年F1第21戦ブラジルGP アルファタウリのフランツ・トスト代表らと話すニック・デ・フリース
2022年F1第21戦ブラジルGP アルファタウリのフランツ・トスト代表らと話すニック・デ・フリース


 3年目のF1シーズンを迎える角田と、その5歳年上でより豊富な経験を持つデ・フリースのどちらがアルファタウリを率いる『リーダー』になるのか。レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、デ・フリースがチームを率いていくべきだと発言していた。


 一方、アルファタウリのトスト代表はメキシコGPを前に、これとは異なる見方を示した。トストは会見でマルコの意見について問われると、彼に同調することはせず、「それはいずれわかることだ」と返答するにとどめた。


「最も大事なのは、ドライバーに競争力のあるクルマを提供することだと思う。そうすれば、ふたりともマシンを簡単にセットアップできるようになるし、いいパフォーマンスを発揮することができる」


「このふたりのドライバーのうち、どちらがより速くなるのだろうか? それはこれからわかることだよ。まだ私にもわからない」


 マシン開発の重要性を強調し、リーダー問題については明言を避けたトストは両ドライバーへの信頼を語り、来シーズンへ意気込んだ。


「角田とデ・フリースともに高いポテンシャルがあるから楽しみだ。ふたりとも速い」


「私たちは成功したシーズンを送ることができると思う」

2022年F1第21戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第21戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ)

2022年F1第21戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第21戦ブラジルGP 角田裕毅(アルファタウリ)



(autosport web)




レース

9/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン374
2位セルジオ・ペレス223
3位ルイス・ハミルトン180
4位フェルナンド・アロンソ170
5位カルロス・サインツ142
6位シャルル・ルクレール123
7位ジョージ・ラッセル109
8位ランド・ノリス97
9位ランス・ストロール47
10位ピエール・ガスリー45

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング597
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム289
3位スクーデリア・フェラーリ265
4位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム217
5位マクラーレンF1チーム139
6位BWTアルピーヌF1チーム81
7位ウイリアムズ・レーシング21
8位マネーグラム・ハースF1チーム12
9位アルファロメオF1チーム・ステーク10
10位スクーデリア・アルファタウリ5

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第17戦日本GP 9/24
第18戦カタールGP 10/8
第19戦アメリカGP 10/22
第20戦メキシコGP 10/29
第21戦ブラジルGP 11/5
  • 最新刊
  • F1速報

    第14戦オランダGP&第15戦イタリアGP 合併号