F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

周冠宇が自身初のファステストラップ「この先に向けて自信を持つことができる」/アルファロメオ F1日本GP決勝

2022年10月10日

 2022年F1第18戦日本GPの決勝レースで、アルファロメオF1チーム・オーレンのバルテリ・ボッタスは15位、周冠宇はウエットコンディションで自身初のファステストラップを記録したものの16位でレースを終えた。

バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム・オーレン)

決勝=15位
12番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ウエット→インターミディエイト


 今日のコンディションは、特にレース序盤はとても難しいものだった。僕の順位では視界が悪かったから最初の数周はかなりリスクが高く、少々危なっかしい状態だったけど、特にコースが少し乾いてからは僕たちはいいペースを出せているように思えた。


 でも、残念ながら今日はオーバーテイクが難しかった。ほとんどのドライバーがオーバーテイクに苦戦していたと思う。レースの大半を(ケビン・)マグヌッセンの後ろで足止めされていたのは残念だった。


 それでもこの週末にはポジティブなことがいくつかあった。昨日は予選Q3進出まであとほんの少しのところだったから、よかったよ。小さな改善だけど、シーズンの残りのレースでも目指さなければいけないことだ。


 そのように目標を積み重ねていき、次戦のオースティン(アメリカGP)でもいい予選ができるよう期待している。アメリカGPには追加のアップグレードをマシンに投入する予定だ。

2022年F1第18戦日本GP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第18戦日本GP バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

周冠宇(アルファロメオF1チーム・オーレン)

決勝=16位
14番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ウエット→インターミディエイト→インターミディエイト


 ポイントを獲得できなかったとはいえ、今週末にはポジティブな収穫があった。トップ集団にすごく近いところで良いペースを発揮できたことはよかった。それに僕は鈴鹿サーキットは初めてで、週末の間にたくさんのことを学んだよ。全体的に、天気が変わりやすくて視界がとても悪い日曜日だったね。


 スタートではヘアピンでスピンしてしまった。だから最後尾から追い上げていかなければならなかった。(赤旗中断後の)リスタートでは、ふたつの方法しかなかった。1周目でインターミディエイトに変えるためにピットストップをするか、もしくはもっと雨が降るのを期待してステイアウトする(コースに残る)かだ。


 僕はかなり(隊列から)離されていたけど、前方のマシンからたくさんの水しぶきが飛んできていたから、最善の選択はウエットでステイアウトすることだと感じていた。実際にそうしたんだけど、明らかにインターミディエイトの方が速くて、賭けに負けたことが分かった。


 それでも僕たちは力を尽くして、初めてのファステストラップを記録することができた。この先に向けて自信を持つことができるよ。


 日本GPに持ち込んだアップグレードはポジティブに見える。でも、それをきちんと理解するにはまだ時間がかかるだろうね。

2022年F1第18戦日本GP 1周目のヘアピンでスピンを喫してしまった周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第18戦日本GP 1周目のヘアピンでスピンを喫してしまった周冠宇(アルファロメオ)

2022年F1第18戦日本GP 周冠宇&バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)
2022年F1第18戦日本GP 周冠宇&バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)

2022年F1第18戦日本GP バルテリ・ボッタス&周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第18戦日本GP バルテリ・ボッタス&周冠宇(アルファロメオ)



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/5
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編