F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、ブレーキ関連の問題を抱えQ2で敗退「すべてのコーナーをうまく回れなかった」メルセデス/F1第17戦

2022年10月2日

 2022年F1シンガポールGPの土曜予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルは11番手でQ2で敗退した。ラッセルはブレーキングに関連する問題を抱えていたとチームは明かしている。


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP3 9番手(2分01秒010:インターミディエイトタイヤ/10周)
予選 11番手(Q1=6番手1分54秒633:インターミディエイトタイヤ/Q2=11番手1分54秒012:インターミディエイトタイヤ)


 ブレーキ関連に問題があって、コーナーに押されていくような感じになり苦労した。グリップは良かったのに、どのコーナーもうまく回れなかったんだ。常にアンダーステア気味だったし、本当に残念だよ。この問題のせいで、Q3に進めていてもこれ以上のことはできなかったと思う。すでにデータから手がかりは見つけているし、明日までには問題を解決したい。


 ここではマシンがかなり良さそうだっただけに、僕にとってもチームにとっても残念だ。ルイス(・ハミルトン)はとても速かったけれど、残念ながら僕はうまくいかなかった。


 それでも全体的にいえば、この週末は僕たちにとって励みになるようなものではある。当然僕たちはポイントを獲得するためにここにいるわけだが、ここは結局予選結果が重要になるトラックだ。一つ幸運なのは、ここはデグラデーションがひどく、明日は2ストップのレースになるかもしれないことだね。

2022年F1第17戦シンガポールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第17戦シンガポールGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号