F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1スプリント、2023年からは1シーズン6戦で開催へ。FIAが回数増加を承認

2022年9月28日

 FIAは9月27日、2023年F1シーズンから、6戦でスプリントセッションを実施することを承認した。来季24戦のどのグランプリに組み込まれるかについては、後日発表される。


 2021年に初めて導入されたスプリントフォーマットは、金曜に予選を行い、その結果をグリッドとして土曜に100kmのレースであるスプリントを実施、その順位が日曜決勝グリッドに反映されるというもの。2021年にはトップ3にポイントが与えられたが、今年はトップ8のドライバーがポイントを獲得できる。これまではシーズン中3戦に取り入れられたこのフォーマットが、来年からは6戦で実施されることが、FIA世界モータースポーツ評議会の電子投票で承認された。


 なおFIAは、「スプリントセッションの追加を可能にするレギュレーションの枠組みが整った。スプリントセッションを実施する具体的なイベントについては、追って発表する」と述べている。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPスプリント 首位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2番手シャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手セルジオ・ペレス(レッドブル)

 モハメド・ビン・スライエムFIA会長は、「スプリントセッションはレースウイークエンドのフォーマットにエキサイティングなダイナミズムを与え、過去2シーズンを通してその人気が証明された。このポジティブな傾向が続くと確信している」とコメントした。


 F1の会長兼CEOのステファノ・ドメニカリは次のように語っている。


「2021年に初めて導入されたこの新フォーマットの成功に基づき、2023年以降にはチャンピオンシップの中に6回のスプリントが組み込まれることを確認できることを、うれしく思う。スプリントフォーマットにより、ドライバーは初日の金曜日から日曜日のメインイベントまで戦い続ける。3日間にわたってアクションが提供され、週末にさらなるドラマと興奮がもたらされるのだ」


「ファン、チーム、プロモーター、パートナーからのフィードバックは非常にポジティブであり、このフォーマットはF1に新しい次元を加えつつある。我々全員がこのフォーマットの今後の成功を確かなものにしたいと思っている」



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP