F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ルーキーイヤーの前半戦には満足していると周冠宇。Q3進出の躍進に驚く一方「自分自身への期待が高くなった」と語る

2022年8月12日

 アルファロメオのルーキーである周冠宇は、今シーズンこれまでのところ好成績を収めており、F1での初シーズン中に自分でも驚く時があると述べている。


 23歳の周はF1にスポンサーからの高額のサポートパッケージを持ち込んだため、当初はアルファロメオが財政面のために選んだドライバーだと見なされていた。しかしバーレーンでの開幕戦でトップ10入りを果たしたことで、周にはモータースポーツのエリートとなる兆しが見られた。


 しかしながら主に信頼性の問題と不運が周のレースに影響を及ぼしたため、入賞は開幕戦とカナダGPのみで、ポイント獲得はその後困難になった。イギリスGPではレーススタート直後に恐ろしいクラッシュに巻き込まれ、最初のコーナーで他車との接触により横転したマシンに逆さまの状態で閉じ込められてしまった。


 周はシーズン前半を振り返り、次のように話した。


「全体的に僕はかなり満足している。誰もが驚いたけれど、Q3(進出)は間違いなく自分でもすごく驚いたよ。(自分にとって)最初の年にそれほどのチャンスがあるとは思わないからね。とてもいい成果だったし、これからの自分にとっていいニュースだった」


「でも一方では、自分自身への期待が明らかに高くなったと感じている。僕はまだルーキーだけど、今ではQ1で敗退するたびにかなり頭にきているからね。シーズンの初めはそれでよかっただろうけど、グリッド全体が接戦になっているのに今ではQ2が常に自分の最低目標だと感じているんだ」

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第9戦カナダGP 周冠宇(アルファロメオ)


 アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスールは最近、周のこれまでのパフォーマンスを称賛し、周はコース内外で「すべての条件を満たしている」と主張した。


 周はバスールの評価に対し「全体としてほとんど(の目標)は達成できたと思う。目標以上だったかもしれない。これまでのリタイアとクラッシュは、目標にしていなかったからね!」と冗談めかして語った。


「Q2とQ3に進出する点では、Q2に進出した後はQ3まで行きたいと思っていて、それは達成できた。それでもまだ、チームと一緒に理解したいことがいくつかあると思っている」


「まず、スタートのことだ。チームとして僕たちはかなり(スタートに)苦戦している。一貫性がまったくなくて、予測不可能だ。チームのために向上させたいと僕たちが考えているのはその点だ。うまくいけばすぐにでも改善できるだろう」

周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第11戦オーストリアGP 周冠宇(アルファロメオ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号