F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、混乱した予選でQ2敗退「抹消タイムが復活したが、すでに影響が出ていた」レッドブル/F1第13戦

2022年7月31日

 2022年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブルのセルジオ・ペレスは11番手だった。ペレスはQ2の最初のラップで1分18秒516を出したが、トラックリミット違反と判断されてこのタイムを抹消された。しかしその後、スチュワードは改めて見直した後、このラップタイムを復活させた。ペレスはアタックを続けたが、渋滞の影響もあって自己ベストを更新することができず、復活された1分18秒516で11番手となり、Q2で敗退した。


 クリスチャン・ホーナー代表は、予選を振り返り、「残念な予選だった。チェコはトラフィックに遭ってQ2で敗退することになり、マックス(・フェルスタッペン)は不運にもテクニカルトラブルに見舞われた」と述べている。

2022年F1第13戦ハンガリーGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第13戦ハンガリーGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
FP3 20番手(1分48秒240:インターミディエイトタイヤ/11周)
予選 11番手(Q1=13番手1分19秒118:ソフトタイヤ/Q2=11番手1分18秒516:ソフトタイヤ)


 予選は期待どおりにはいかなかった。Q2で最初のラップがトラックリミット違反で取り消されたため、2セット目のタイヤを使わざるを得なかった。後に取り消されたタイムが復活したが、その時にはすでに僕たちのセッションに影響が出ていた。おかしな状況だったよ。再びコースに出た時、ケビン(・マグヌッセン/ハース)がターン2で僕の進路を遮り、コーナーを大きく回り込まなければならず、それによってコンマ数秒を失った。そしてその後れを結局取り戻すことができなかったんだ。残念ながら、それ以上のことはできなかった。


 あまり良い予選ではなかったし、今はマシンに良い感触を持っていない。でも明日は状況が改善するはずだ。もっと良いペースで走れるはずなので、挽回してしっかりポイントをつかみたい。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号